近刊検索 デルタ

2022年2月1日発売

メイツ出版

出版社名ヨミ:メイツシュッパン

球技のためのスポーツビジョントレーニング ジュニア選手の競技力を高める視覚強化

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
★ 「サッカー」「野球」「バスケ」「バレー」
「卓球」「テニス」「バドミントン」…
各種の競技種目に有効な
「視る力」がもっと伸びる!

★ 正しい「鍛え方」と
「具体的なポイント」がよくわかる!

★ 体の動作を組み合わせた強化メニューで
「広い視野」と「感知力」が身につく!


◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆

近年スポーツ界でも「ビジョントレーニング」
という言葉がよく聞かれるようになりました。
視覚能力はスポーツのパフォーマンスにとって
重要な要素と認識され、
ビジョントレーニングによって視覚を強化して
スポーツのパフォーマンスを向上させることに
期待が寄せられています。

実際に視覚能力を向上させることは、
同時にスポーツパフォーマンスの向上にも
関連しています。
ただ重要なポイントがあります。
それはビジョントレーニングだけを行なえば、
スポーツパフォーマンスが向上するという、
簡単なものではないということです。
これは筋力トレーニング、スポーツ栄養、
スポーツ心理など、スポーツトレーニングの
あらゆる分野に当てはまります。

そこで、この本では視覚能力を向上させることで
球技スポーツにどのように活かせるのか、
ビジョントレーニングとどのような要素を
絡めて行なうことが実践につながるのか
ということを体系的にまとめました。

基礎から応用へ展開していますので、
段階的にステップアップしながら
トライしてみてください。

石橋 秀幸


◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

☆ イントロダクション
* ビジョントレーニングの効果
* ビジョントレーニングを活用する
* ビジョントレーニングの特徴
* 眼の状態を知る
・・・など

☆PART1 基本トレーニング
* トレーニングの考え方
* 筋肉疲労のチェック/眼球運動
* 筋肉疲労のチェック/距離感・立体感
* 眼球運動
* 追従性眼球運動
* 周辺部の感知力
* 眼球運動/コンビネーションチャート
* 距離感・立体感/ブロックストリング
・・・など

☆PART2 応用トレーニング
* 応用トレーニングの考え方
* フィジカル×ビジョントレーニング
* 体幹×ビジョントレーニング
* 下肢・体幹×ビジョントレーニング
* 切り返し動作×ビジョントレーニング
* ダッシュ動作×ビジョントレーニング
* ジャンプ動作×ビジョントレーニング
* ランニング動作×ビジョントレーニング
* 守備・走塁動作×ビジョントレーニング
・・・など
著者略歴
石橋 秀幸(イシバシヒデユキ ishibashihideyuki)
日本体育大学卒、慶應義塾大学大学院卒。 1987年から2002年まで広島東洋カープに トレーニングコーチとして15年間在籍 (1997年はボストンレッドソックスにコーチ留学)するなど、 多くのプロ野球選手を指導してきた。 現在は、(一社)日本スポーツビジョン協会顧問、 神奈川大学非常勤講師、 慶應義塾大学スポーツ医学研究センター研究員。
タイトルヨミ
カナ:キュウギノタメノスポーツビジョントレーニングジュニアセンシュノキョウギリョクヲタカメルシカクキョウカ
ローマ字:kyuuginotamenosupootsubijontoreeningujuniasenshunokyougiryokuotakamerushikakukyouka

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
パレード:福永英雄 
東京創元社:堂場瞬一 
フォト・パブリッシング:寺本光照 
三五館シンシャ:屋敷康蔵 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。