近刊検索 デルタ

2021年7月16日発売

新曜社

感覚が生物を進化させた

探索の階層進化でみる生物史
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ダーウィニズムの言うように、進化は遺伝子の突然変異に始まり、生物は受動的に環境から選別されるだけの存在なのだろうか。21世紀生物学の知見を踏まえ、生物の感覚や主体性も生命の階層進化に関わっていることを、様々な事例で生物の歴史からたどる。
著者略歴
実重 重実(サネシゲ シゲザネ saneshige shigezane)
元・農林水産省農村振興局長 現全国山村振興連盟常務理事兼事務局長
タイトルヨミ
カナ:カンカクガセイブツヲシンカサセタ
ローマ字:kankakugaseibutsuoshinkasaseta

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

新曜社の既刊から
アリス・ミラー/著 山下公子/訳
J.ヘンデン/著 河合祐子/訳 松本由起子/訳
木村至聖/編 森久聡/著

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。