近刊検索 デルタ

2022年8月31日発売

信山社出版

出版社名ヨミ:シンザンシャシュッパン

司法の法社会学Ⅱ 統治の中の司法の動態

統治の中の司法の動態
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◆近年大きく変化してきた状況に対応して、現代日本の司法制度がその任務を果たしているか、実証的・経験科学的に考察—第Ⅰ巻、第Ⅱ巻同時刊行!◆
法社会学の視角と方法を用いて、2000年代初頭に大きな改革が実施された現代日本の司法制度の実態・機能および課題を、実証的・経験科学的に明らかにする。第Ⅱ巻では、日本の社会・経済が直面するグローバル化や現代のガバナンス改革などの動きを念頭に、違憲審査制や司法制度改革など、司法制度をめぐる諸問題を論じる。
目次
『司法の法社会学Ⅱ — 統治の中の司法の動態』

 佐藤岩夫(東京大学社会科学研究所教授)著


【目 次】

◆ Ⅵ 違憲審査制の動態

第14章 違憲審査制と内閣法制局 ― 比較法社会学的考察
第15章 内閣法制局と最高裁判所の現在 ―「統治=執政」の法的統制のゆくえ
第16章 「政治の司法化」とガバナンス

◆ Ⅶ 司法制度改革への視点

第17章 裁判官の独立と法曹一元 ― 戦後司法の歴史的文脈の中で考える
 補論 〔書評〕J・M・ラムザイヤー& E・B・ラスムセン『司法の独立を測定する ― 日本の司法の政治経済学』
第18章 司法の〈統一性〉と〈非統一性(Uneinheitlichkeit)〉 ― 日独裁判所の司法観の比較
第19章 裁判官の「多様化・多元化」を支える「独立と自治」
第20章 「公共性の空間」と司法
第21章 政治的公論における〈司法の不在〉をめぐって
第22章 司法制度改革の意義と課題 ― 司法制度改革審議会最終意見書をめぐって

◆ Ⅷ 変動期の弁護士

第23章 変動期の日本の弁護士
第24章 弁護士人口の拡大と依頼者層 ― 世界の動向と日本

◆ Ⅸ 司法統計

第25章 19世紀ヨーロッパと近代司法統計の発展
第26章 〔翻訳〕クリスチャン・ヴォルシュレーガー「民事訴訟の比較歴史分析 ― 司法統計から見た日本の法文化」
著者略歴
佐藤 岩夫(サトウ イワオ satou iwao)
東京大学社会科学研究所教授
タイトルヨミ
カナ:シホウノホウシャカイガクニ
ローマ字:shihounohoushakaigakuni

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
シネシネナンデダ日記
本物の狂気はあんまり格好よくないです(著者)

-- 広告 -- AD --

信山社出版の既刊から
毛利透/編
奥原正明/著
行政法研究会/編集 宇賀克也/著 齋藤健一郎/著 須田守/著 髙野祥一/著 寺田麻佑/著 ほか
もうすぐ発売(1週間以内)
学 文 社 (GAKUBUNSHA):三上真寛 
ブティック社:シンゴルフプリンセス 
生きた建築ミュージアム大阪実行委員会:生きた建築ミュージアム大阪実行委員会 
五月書房新社:佐藤章 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。