近刊検索 デルタ

2月28日発売予定

竹書房

恐怖実話 狂禍

竹書房怪談文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ほんとうに恐ろしいのは、死者の怨念か、生者の業か…
人怖の名手・渋川紀秀が書き刻む!混沌の実録恐怖譚!

闇に潜む狂気と日常に垣間見える違和感――
独特の視点で恐怖を炙り出す渋川紀秀。

見てはいけない!生徒が感じ取った不気味なモノとは「同じくらいの年の子」、
自殺した女が出る公園、噂につられて行った先で待ち受けた結末「死んだ女でもいいから」、
夜の街でナンパ成功、連れられて行った先で…「ナンパ成功」、
誘われた一軒家でのパーティー、洗面台の鏡に映ったのは…「きれいな歯ブラシ」、
間違えて配達された謎の封筒、その中身に戦慄する「誤配達」など35篇を収録。

生者と死者が交差するところに禍々しい怪異が生まれる……。
著者略歴
渋川 紀秀(シブカワ ノリヒデ shibukawa norihide)
渋川紀秀  (しぶかわ・のりひで) 兵庫県姫路市出身。最近ハマっているのは、現代海外ミステリーを読むことと、すれ違う人の来歴を想像すること。 単著に『恐怖実話 狂霊』『恐怖実話 狂忌』『恐怖実話 狂葬』『恐怖実話 狂縁』。 共著に『FKB怪談幽戯』『怪談実話競作集 怨呪』『怪談五色 破戒』など。
タイトルヨミ
カナ:キョウフジツワキョウカ
ローマ字:kyoufujitsuwakyouka

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
大蔵財務協会:大林督 
テクノシステム:IoT・AI利活用編集委員会 芦澤剛 網嶋武 安藤英幸 伊藤一夫 ほか
北大路書房:大串健吾 桑野園子 難波精一郎 小川容子 谷口高士 中島祥好 ほか

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。