近刊検索 デルタ

2021年12月15日発売

第三書館

シネシネナンデダ日記

統合失調症の娘と生きる
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
統合失調症は糖尿病とあまり変わらない程度の罹病率を持つ“ありふれた病気”である。しかし、罹病者の家族・周囲にとっては、とほうもない負担・困難を患者と共に背負い続け、生涯を傾けざるを得ない非常に稀な特徴に満ちた病気である。

中堅出版社勤務の著者は、妻と十代の娘一人のあたたかいマイホーム暮らしだったが、娘の発病で一変した。真夜中にあらん限りの大音声で、「死ね、しね、シネ、SHINE,SSSHHHIIINNNEEE‼‼」と叫びたてる。おらび上げる。町内中に響き渡る娘の声。

平穏無事を絵に描いたような、静かで、未来性に満ちた穏やかな生活が、一夜にして、奈落の底に急転落してしまう。一家離散の一大椿事の卵は、あなたの、私たちのすぐそばに、落ちているのだ。

出版業界 話題沸騰!
著者略歴
高島 利行(タカシマ トシユキ takashima toshiyuki)
1965年 北海道生まれ。 出版社勤務。
タイトルヨミ
カナ:シネシネナンデダニッキ
ローマ字:shineshinenandedanikki

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

第三書館の既刊から
第三書館編集部/編
山本健治/著

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。