近刊検索 デルタ

2021年10月21日発売

日本キリスト教団出版局

死を友として生きる

ナウエン・セレクション
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
死は、忌避すべきものではなく、「神に愛された者」として成長していくための大切なステップなのだ。聖書の視点で死とケアを考える『最大の贈り物』と、交通事故の経験を踏まえて死の意味を思いめぐらす『鏡の向こう』の2作を収録。『鏡の向こう』は本邦初訳。

【目次】
『最大の贈り物』
プロローグ 死と親しむ
はじめに─無力さの中に秘められている恵み
第一部 よりよく死ぬこと 御心の近くに
第一章 私たちは神の子です
第二章 私たちはお互いに兄弟姉妹です
第三章 私たちはやがて来る世代の親です
第二部 よりよくケアすること人間であることの核心
第四章 あなたは神の子です
第五章 あなたがたは互いに兄弟姉妹です
第六章 あなたがたはやがて来る世代の親です
結び 復活の恵み

『鏡の向こう』
プロローグ
事 故
病 院
手 術
回 復
エピローグ
死に備える
目次
『最大の贈り物』
プロローグ 死と親しむ
はじめに─無力さの中に秘められている恵み
第一部 よりよく死ぬこと 御心の近くに
第一章 私たちは神の子です
第二章 私たちはお互いに兄弟姉妹です
第三章 私たちはやがて来る世代の親です
第二部 よりよくケアすること人間であることの核心
第四章 あなたは神の子です
第五章 あなたがたは互いに兄弟姉妹です
第六章 あなたがたはやがて来る世代の親です
結び 復活の恵み

『鏡の向こう』
プロローグ
事 故
病 院
手 術
回 復
エピローグ
死に備える
著者略歴
ヘンリ・ナウエン(ヘンリナウエン henrinauen)
1932年、オランダ生まれ。1957年、カトリック司祭に叙階される。心理学を学んだ後、イェール大学、ハーバード大学で教鞭を執り、執筆活動を行う。1986年、カナダのラルシュ共同体に移住、障がいを持つ人々と生活を共にする。1996年、心臓発作により死去。
廣戸 直江(ヒロド ナオエ hirodo naoe)
中村 佐知(ナカムラ サチ nakamura sachi)
タイトルヨミ
カナ:シヲトモトシテイキル
ローマ字:shiotomotoshiteikiru

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

日本キリスト教団出版局の既刊から
日本基督教団事務局/編集
三浦綾子/著 おちあいまちこ/写真 林あまり/解説
ヴェロニカ・コペルスキ/著 澤村雅史/翻訳
ヘンリ・ナウエン/著 廣戸直江/翻訳 中村佐知/解説
もうすぐ発売(1週間以内)
東京化学同人:稲葉章 
東洋経済新報社:城田真琴 
第三書館:高島利行 
講談社:三止十夜 藤実なんな 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。