近刊検索 デルタ

2022年9月26日発売

ビジネス社

出版社名ヨミ:ビジネスシャ

今はつらくても、きっと前を向ける 人生に新しい光が射す「キャンサーギフト」

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「スチュワーデス物語」で知られる堀ちえみが、ステージ4のがんを宣告されてから、現在に至るまでの心の軌跡を、がん専門の精神科医・清水研に、包み隠さず打ち明ける。堀はステージ4の舌がんと宣告され、舌の60%を切除し、腿からの移植で舌を再生する大手術を受けた。話し方は元には戻らないと医師から言われ、一時は絶望するが、芸能界への復帰を目指してリハビリに励む。ところが、ブログには心無い読者からの誹謗中傷が……。悩みもがく中で見えてきた、人の優しさ、家族の愛情。病いを得る前と今では、価値観が180度変わったという。現在はがんの早期発見の啓蒙活動に生きがいを見出している堀が、死の恐怖や絶望をいかに乗り越えて、気持ちを前向きに切り替えることができたのか。堀の内面で起きていたことを、清水医師が掘り下げていく。いま病で苦しんでいる方、何かの事情で心がふさいでいる方に。生きる勇気が湧いてくる1冊。
目次
第1章 宣告 ~口内炎だと思い続けて痛みをやり過ごしていたら……~
第2章 手術後、そしてリハビリ ~手術後は苦しく、まさに生き地獄~
第3章 社会復帰、仕事への復帰 ~手術から3カ月後、主治医から社会復帰OKと言われる~
第4章 がんという病気について ~想像以上にネガティブな印象を与える病気~
第5章 キャンサーギフト ~日常生活で味わう嫌な気持ちは即、断捨離~
第6章 希望 ~つらいことを乗り越えたからこそ、未来がより輝いて見える!~
著者略歴
堀ちえみ(ホリチエミ horichiemi)
1967年生まれ。大阪府堺市出身。第6回ホリプロタレントスカウトキャラバンで芸能界入りし、1982年3月「潮風の少女」でデビュー。1983年に出演したドラマ「スチュワーデス物語」が日本中で大ヒットし、アイドルとして歌にドラマに活躍。その後は7児の母として、テレビ出演の他、教育や食育にまつわるトークショー、音楽活動と幅広く活動中。2019年、ステージ4の舌がんと診断され、患部の切除手術を受ける。リハビリを続けながら、2019年に芸能界に復帰。2022年はデビュー40周年。
清水研(シミズケン shimizuken)
1971年生まれ。精神科医・医学博士。金沢大学卒業後、都立荏原病院での内科研修、国立精神・神経センター武蔵病院、都立豊島病院での一般精神科研修を経て、2003年、国立がんセンター東病院精神腫瘍科レジデント。以降、一貫してがん患者およびその家族の診療を担当する。2006年より国立がんセンター(現・国立がん研究センター)中央病院精神腫瘍科に勤務。2012年より同病院精神腫瘍科長。2020年4月より公益財団法人がん研究会有明病院腫瘍精神科部長。日本総合病院精神医学会専門医・指導医。日本精神神経学会専門医・指導医。著書に『もしも一年後、この世にいないとしたら。』(文響社)、『がんで不安なあなたに読んでほしい。』(ビジネス社)がある。
タイトルヨミ
カナ:イマハツラクテモキットマエヲムケルジンセイニアタラシイヒカリガサスキャンサーギフト
ローマ字:imahatsurakutemokittomaeomukerujinseiniatarashiihikarigasasukyansaagifuto

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
緑の書 リビアのカダフィ大佐の理論
2011年10月20日、カダフィ大佐は殺された

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
学 文 社 (GAKUBUNSHA):三上真寛 
ブティック社:シンゴルフプリンセス 
生きた建築ミュージアム大阪実行委員会:生きた建築ミュージアム大阪実行委員会 
五月書房新社:佐藤章 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。