近刊検索 デルタ

2022年2月4日発売

株式会社 福音館書店

出版社名ヨミ:フクインカンショテン

こん と ごん

てんてん ありなしのまき
かがくのとも絵本
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
蓋とブタ、カラスとガラス、猿とザル……。日本語は、濁点の有無だけで言葉の意味やイメージが変わります。2匹のキツネが不思議な世界に迷い込んで始まるこの物語は、右のページではこんが清音の世界を、左のページではごんが濁音の世界を冒険します。左右で同じような文章のはずなのに、濁点のありなしだけでまったく違う世界を冒険することに……!? 楽しい物語を通して、日本語の面白さ、豊かさを感じられる絵本です。
著者略歴
織田道代(オリタミチヨ oritamichiyo)
織田道代 東京生まれ。中学・高校の国語教師を経て、詩や文章を書く。詩集に『ことばじゃらし』『ことばもよう』(以上踏青社)、絵本に『あるのかな』(鈴木出版)『どうぶつどどいつ』(のら書店)『でちゃったときは』(フレーベル館)など。「かがくのとも」の作品に『アイスクリースマス』『ここんぷいぷい』『ぶぶんぶんぶん しんぶんし』『なにもなくても』『あし――みずべの しょくぶつ』『なみ』がある。
早川純子(ハヤカワジュンコ hayakawajunko)
早川純子 東京生まれ。1996年、プリンツ21版画グランプリ展大賞受賞。1997年に多摩美術大学大学院修了後、版画を作りながら絵本や挿絵を描く。絵本に『はやくちこぶた』(瑞雲舎)『まよなかさん』(ゴブリン書房)など多数。福音館書店では、『おおかみだんなとろば』(八百板洋子・再話/「こどものとも年少版」2016年1月号)『うさぎさんのあたらしいいえ』(小出淡・作/「こどものとも年中向き」2013年3月号)『スマントリとスコスロノ』(乾千恵・再話、松本亮・監修)、挿絵に『みんなの家出』(藤田のぼる・作)、装画に『どんぐり喰い』(エルス・ペルフロム・作/野坂悦子・訳)がある。
タイトルヨミ
カナ:コントゴン
ローマ字:kontogon

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

株式会社 福音館書店の既刊から
かこさとし/著・イラスト なかじまかめい/イラスト
桃戸栗子/著・イラスト
マリア・エウヘニア・マンリケ/著 ラモン・パリス/イラスト とどろきしずか/翻訳
八百板洋子/著 ベネリン・バルカノフ/イラスト
松岡享子/著・企画 降矢なな/著・イラスト
もうすぐ発売(1週間以内)
パレード:福永英雄 
東京創元社:堂場瞬一 
フォト・パブリッシング:寺本光照 
ふらんす堂:種谷良二 
三五館シンシャ:屋敷康蔵 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。