近刊検索 デルタ

9月30日発売予定

復刊ドットコム

鳥獣戯画絵本 かえるのごほうび

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
高山寺公認。日本が誇る国宝「鳥獣戯画」の絵本が、 初の英訳つきで、原寸複製絵巻からの新装復刊!

京都・高山寺の国宝であり、平安~鎌倉時代に描かれた絵巻「鳥獣戯画」。
絵巻にはたくさんの動物たちが登場しますが、何も言葉は書かれていません。
著者の木島始は、この絵巻を描いた鳥羽僧正の“画のみつめかた”を心にしみこませ、大人も子どもも楽しめる物語をつけました。高山寺に大切にしまわれている国宝が、おもしろい絵本となったのです!
今回の復刊では、海外の方にも「鳥獣戯画」の世界を楽しんでいただこうと、上橋菜穂子、荻原規子、湯本香樹実など数々の日本の本を海外に紹介してきた平野キャシーの翻訳で、2か国語で読めるようにしました。
国宝「鳥獣戯画」を美しく再現するために、原寸複製絵巻からの新装復刊です!

▼内容
今日は森のお祭りだ。腕比べ、力比べが見られるぞ。一等賞のごほうびは柿に栗にお酒にと、とっても豪華。おやおや、かえるとうさぎの相撲が始まった!
はっけようい、のこった、のこった! 一等賞は、かえるかな?
相撲が終われば、祭りもおしまい。ところが… 事件だ、事件だ。大変だ!
さあ、何が起きたのかな?

※本書は、1967年・福音館書店刊、および1986年・佑学社刊『かえるのごほうび』を再編集・増補して新装復刊するものです。
※カバー画像は原本のものです。
著者略歴
木島始(キジマハジメ kijimahajime)
梶山俊夫(カジヤマトシオ kajiyamatoshio)
平野キャシー(ヒラノキャシー hiranokyashii)
タイトルヨミ
カナ:チョウジュウギガエホンカエルノゴホウビ
ローマ字:choujuugigaehonkaerunogohoubi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

復刊ドットコムの既刊から
チャールズ・M・シュルツ/著 谷川俊太郎/翻訳
武部本一郎/イラスト 大橋博之/編集
本日のピックアップ
大蔵財務協会:大坪和敏 
マガジンハウス:あきこ 
コロナ社:野波健蔵 
花鳥社:曽倉岑 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。