近刊検索 デルタ

2021年2月20日発売

澪標

詩歌とめぐる南山城・月ケ瀬

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
そもそも地名は、そこで繰り広げられた歴史によって意味づけされ、そこを舞台として編まれた文学によって多様な色づけがなされる。本書は、南山城の文学地名がもつ重層したイメージを華麗に解きほぐし、味わうための絶好の「手引き書」となっている。
目次
窪田空穂……笠置山
上田三十二……青谷梅林
藤原俊成……井出
田山花袋・谷崎潤一郎……月ヶ瀬梅渓
一条兼良……南山城村大河原
与謝野晶子……木津川
市原王……瓶原 恭仁
北見志保子……平城山
万葉集……相楽山
万葉集……山吹の瀬
著者略歴
小西 亘(コニシ ワタル konishi wataru)
1958年京都府南山城村に生まれる。 1982年より京都府立高校に勤務、現在京都府立南陽高校国語科教諭。 著書:1996年『注釈青谷絶賞』、2004年『月ヶ瀬と齋藤拙堂』、2012年『青谷梅林文学散歩』、2012年『「月瀬記勝」梅渓遊記』、2013年『相楽歴史散歩』、2019年『宇治の文学碑を歩く』
タイトルヨミ
カナ:シイカ ト メグル ミナミヤマシロ ツキガセ
ローマ字:shiika to meguru minamiyamashiro tsukigase

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

澪標の既刊から
高木敏克/著
塩見一仁/著
高階杞一/著 浜野史/著
生原良幸/著
小西 亘 最近の著作
もうすぐ発売(1週間以内)
双葉社:岬愛奈 
KADOKAWA:赤福大和 さばみぞれ 
双葉社:朝倉宏景 
風媒社:東谷護 
ガイドワークス:競馬王編集部 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。