近刊検索 デルタ

2023年12月6日発売

作品社

出版社名ヨミ:サクヒンシャ

加賀乙彦長篇小説全集 第十五巻 雲の都2 時計台

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
精神医学教室に入局して精神科医としての第一歩を踏み出した小暮悠太。研修を経て東京拘置所の医務官となった悠太は、あらゆる種類の犯罪者が集まっていることに興味をそそられ、やがて死刑囚の拘禁反応を研究することに。順調に医者への道に進み始めた悠太だが、一方で十歳年上の人妻と抜き差しならない関係を結び、懊悩する――。
『永遠の都』に続く自伝的大河小説の戦後編。毎日出版文化賞特別賞受賞。
著者略歴
加賀乙彦(カガオトヒコ kagaotohiko)
タイトルヨミ
カナ:カガオトヒコチョウヘンショウセツゼンシュウダイジュウゴカンクモノミヤコニトケイダイ
ローマ字:kagaotohikochouhenshousetsuzenshuudaijuugokankumonomiyakonitokeidai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ハイリスク・ノーリターン
公安のスパイ、山口祐二郎とは何者か

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。