近刊検索 デルタ

2023年12月5日発売

高志書院

出版社名ヨミ:コシショイン

行基と道鏡

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
善僧(高僧・名僧)の典型とされている行基は、なぜに善僧の代表格となったのか。悪僧の典型とされている道鏡は、なぜに悪僧の代表格となったのか。本書では、この二人の行い、軌跡、生涯などを比較検討しつつ、文化史的・宗教史的な見地からアプローチするために、良弁と『日本霊異記』の編者景戒、吉備真備の三人にも登場願い、行基が善僧で道鏡が悪僧であるとする所以を解明していく。
目次
まえがき
第一章 奈良時代の政治と仏教
一 平城京の官僧
二 奈良時代の官僚と仏教
第二章 行基と聖武天皇
一 行基の知識結と聖武天皇の知識結
二 行基と『霊異記』
三 多様な行基像
第三章 道鏡と称徳天皇
一 道鏡の行実
二 道鏡と官僚
第四章 行基と道鏡の対照
一 奈良時代の善僧と悪僧
二 行基と道鏡
おわりに
著者略歴
根本誠二(ネモトセイジ nemotoseiji)
タイトルヨミ
カナ:ギョウキトドウキョウ
ローマ字:gyoukitodoukyou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。