近刊検索 デルタ

2021年10月4日発売

てらいんく

道元禅師のワンダーランド

ピュアな禅の世界で「本来の面目(まことの自分)」探し
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
〜「自己実現」したい者の根源・「本来の面目(まことの自分)」を見いだそうとする熱血禅師と弟子との、愉快で意味深な禅問答!〜

あなたはあなた自身が何者かを知れ!
あなた自身のこころを知れ!

約800年前の時代を生きた禅僧・道元。
名門貴族の出身でありながら出家し、弟子たちとともに「まことの自分」を追い求めた。
生涯修行を重ねた彼の生き様と弟子たちとのやりとりを通して、「禅」から得られる生きる知恵、「まことの自分」を見いだすプロセスをたどる。

* * *

 道元禅師って知っています?
 かれは禅(ZEN)の教え、坐禅による独自の瞑想によって、こころの奥深くにいる「まことの自分」を探し求めることを教えてくれた人です。
 禅では心の奥にいる「まことの自分」のことを「本来の面目」「無位の真人」とも呼んでいます。
 人間は歳を重ねるにつれ、さまざまな体験を重ねるにつれ、しだいに素直でない性格、誤った自我や先入観念にこりかたまってしまいます。
 そして、いつかは「本来の面目(まことの自分)」の姿を見うしなってしまうのです。

 誰もが念願とする「自己実現」を可能にするには、この「まことの自分」を見いださなければなりません。
 あなたの人生の幸せは、心にひそむ「仏性」に通じる「まことの自分」の知識のなかにとどまっているのです。
 道元は、「あなたはあなた自身が何者かを知れ! あなた自身のこころを知れ!」と説いています。
 こころは気まぐれで、さまよい歩くもの。そんな心を静かにさせるには、こころが何であるかを知る必要があるのです。

 それでは、ピュアな禅(ZEN)のワンダーランドを訪ねて、誰もがこころの深奥にもっている「まことの自分」に到るプロセスを探求する旅に出てみることにしましょう。
(序文より)

* * *
目次
1 旅立ち
2 偉大な師
3 あらたな道
4 公案の迷路を歩く
5 再出発の決意
6 青い山を越えて
7 明星を探し求めて
8 命の勝負
9 月光の舟
あとがき
主要参考資料・引用資料
著者略歴
しのざき こういち(シノザキコウイチ shinozakikouichi)
1942年生まれ。新潟県柏崎市出身。早稲田大学文学部卒。 日本ペンクラブ、日本文藝家協会会員。 コンピュータソフトのIT企業を経営する傍ら小説家を志し、2000年「日輪の神女」で第一回古代ロマン文学大賞を受賞しデビュー。現代的な解釈で歴史ロマン小説などを意欲的に執筆、著書には「日輪の神女」「悪行の聖者 聖徳太子」「万葉集をつくった男 大伴家持」「輪廻の詩人」など多数。 児童書「令和の旗―『万葉集』誕生ものがたり」「道元禅師のワンダーランド―ピュアな禅の世界で『本来の面目(まことの自分)』探し」など。
佐藤道明(サトウミチアキ satoumichiaki)
タイトルヨミ
カナ:ドウゲンゼンジノワンダーランド
ローマ字:dougenzenjinowandaarando

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

てらいんくの既刊から
しのざき こういち/著 佐藤道明/イラスト
竹長吉正/著
竹長吉正/著
渡辺恵美子/著 菅原史也/イラスト
いとうゆうこ/著 菅原史也/イラスト
もうすぐ発売(1週間以内)
中央公論新社:中村圭志 
アリス館:やまぐちりりこ 土屋富士夫 
ニュートンプレス:マイケル・シュレージ 椿美智子 杉山千枝 山上裕子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。