近刊検索 デルタ

4月14日発売予定

冨山房インターナショナル

ぼくは ひとりで

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ベトナムの南東の地域では、8 月から10 月頃にかけてメコン川の水がふえ、地面が水におおわれてしまいます。田畑が水につかってしまうので、村人たちの暮らし方も変わります。どこへ行くにも小型の船やボートだけがたよりです。そのため、毎年たくさんの命がうばわれていて、ボートで学校に通わなければならない子どもたちは特に危険です。

この絵本の主人公は、メコン川の近くに住む少年アンです。今日、アンは初めてひとりでボートをこいで学校に向かいました。無事にたどり着くことができるでしょうか。

世界には、学校に通うためにボートをこいだり、山道や平原を何時間も歩いたりする子どもたちがいます。学校があまりにも遠く、学校に通えなくなってしまう子どもたちもいます。世界のいろいろな国の子どもたちの暮らしを知りましょう。
著者略歴
フン・グエン・クアン(フングエンクアン funguenkuan)
ベトナムのホーチミン在住。共同作業で子ども向けの物語を書き、挿絵を描く。本書が初めての絵本。
フイン・キム・リエン(フインキムリエン fuinkimurien)
ベトナムのホーチミン在住。共同作業で子ども向けの物語を書き、挿絵を描く。本書が初めての絵本。
はっとりこまこ(ハットリコマコ hattorikomako)
早稲田大学第一文学部卒。翻訳者・イラストレーター。2011 から 2019 年の間、シンガポールとマレーシアに居住。現地の日本語媒体向けに広告やニュースの翻訳、イラスト付き記事などを執筆。出版翻訳に『アンコールの神々 BAYON』(英訳/小学館 1997 年)、『メディカルヨガ ヨガの処方箋』(共訳/バベルプレス 2011 年)。 NPO 法人アジア教育友好協会の正会員兼スタッフとしてアジア地域の学校建設事業・交流事業にも携わる。
タイトルヨミ
カナ:ボクハ ヒトリデ
ローマ字:bokuha hitoride

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

冨山房インターナショナルの既刊から
川島宏知/著 はらだたけひで/イラスト
島村眞智子/著
もうすぐ発売(1週間以内)
文藝春秋:堂場瞬一 
共立出版:小池直之 
講談社:西田幸樹 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。