近刊検索 デルタ

2022年9月16日発売

而立書房

出版社名ヨミ:ジリツショボウ

康花 命尽きるとも

命尽きるとも
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
地球環境を守る視点で世界経済についての教鞭をとり、現在は信州で有機農業を営む大学教授の愛娘・康花は、画業を志し数々の賞を受けながらも、若くして病で他界してしまった。2012年、教授は娘のために、信州・松本に私設美術館を開館する。そして難解といわれる愛娘の作品を分析し、そこに潜む愛と苦悩を、小説として構想した。先年刊行された『苦海の美学』(而立書房刊)が科学的好奇心に依っているとするならば、本書はその対極にある愛娘の感情的好奇心に寄り添い執筆されている。光と闇、生と死の拮抗が塗り込められた須藤康花の美術作品とつながる現実世界の物語である。
目次
〈カラー口絵〉
第一話 冥界の対話 『苦海の美学』を評す
第二話 追憶 長野の山村・麻績へ
第三話 旅立ち 見えなかった森
第四話 青春 予期せぬ出来事
第五話 ゴッホの道 現代文明に抗して
第六話 「紀子」になれなかった康花
第七話 愛と別離 避けられなかった道
第八話 わが命尽きるとも
  康花美術館について
  須藤康花年譜
著者略歴
須藤 正親(スドウ マサチカ sudou masachika)
1941年生まれ。東海大学名誉教授、瀋陽師範大学特任教授、吉林師範大学客員教授、正食協会理事、日中口述歴史・文化研究会理事、日本有機農業研究会会員。信州で有機農業を実践しながら「農文館」を主宰。 著書に『ゼロ成長の社会システム』(新泉社)ほか。共著に『なぜ日本で臓器移植はむずかしいか』(東海大学出版会)、『循環型社会を創る』(藤原書店)、『食と農の原点』(日本有機農業研究会)、『苦海の美学』(而立書房)、『美しい人』(晶文社)、『夢幻彷徨』(東京図書出版)ほか。
タイトルヨミ
カナ:ヤスカ
ローマ字:yasuka

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

-- 広告 -- AD --

而立書房の既刊から
須藤正親/著
ヘンリー・ソロー/著 山口晃/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
学 文 社 (GAKUBUNSHA):三上真寛 
ブティック社:シンゴルフプリンセス 
みらいパブリッシング:佐々木文彦 
生きた建築ミュージアム大阪実行委員会:生きた建築ミュージアム大阪実行委員会 
五月書房新社:佐藤章 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。