近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「伴ちゃん」のニックネームで、多くの人々に愛され、親しまれた元自民党副総裁・大野伴睦ー。
「サルは木から落ちてもサルだが、代議士が落ちればただの人」という名文句を残したことでも知られる。
「義理と人情とやせがまん」をモットーに、鳩山一郎、吉田茂に忠義を尽し、三木武吉とタッグを組んで保守合同を実現させ、岸信介、池田勇人の後見人として初期自民党を育て上げた。
戦後政治史に異彩を放つ大衆政治家の生涯を描いた初の本格的評伝!
目次
はじめに 7

第1章 政治への目覚め 17

  青雲の志を抱いて 17
  強盗に「追い銭」渡す/利害得失気にせず/雌伏の時を経て上京
   弁護士を目指して明治大学へ 26
    アルバイト/帰郷、そして再上京
   大正政変 32
    憲政擁護運動へ/日比谷焼き打ちで逮捕
   政友会院外団入り 38
   「私を救済する義務がある」/二度目の逮捕/監獄数え歌/原に心酔

第2章 東京市政から国政へ 53

  東京市会議員に 53
    北里柴三郎の後押し/「偉くなったわネ」/関東大震災/国政への初挑戦
   鳩山側近 64
    漁夫の利/世界一周/再び敗北を喫す
   三度目の正直 72
    再々チャレンジに向けて/政友会非公認/「公認返上す 糞食らえ」/満洲事変と日本の孤立/四期連
    続当選
第3章 紆余曲折の日々 89

  翼賛選挙 89
    大政翼賛会結成/同交会に参加/露骨な選挙妨害/「兄貴と僕は別だ」
   焼け野原からの再出発 101
    敗戦へ/日本自由党結成/日本自由党幹事長
   窮地に立つ 112
    「左派を切って欲しい」/昭和電工事件

第4章 保守合同に向けて 119

  「ワンマン宰相」のアドバイザー 119
    死に物狂いの選挙戦/「強いばかりが男じゃない」/冷戦の顕在化と講和問題
   吉田と鳩山の確執 128
    鳩山の追放解除/激化する吉田と鳩山の対立/「三日議長」/水害対応で陣頭指揮
   保守合同のクライマックス 141
    北海道開発庁長官/鳩山との決別/日本民主党結成と吉田退陣/「大野君を閣僚にしたかった」

第5章 政権与党の中枢に 154

  保守合同成る 154
    政敵から盟友へ/自民党総裁代行委員
   威厳と実力 162
    最愛の母との別れ/日本消防協会会長/「無から有を生みだす」/富士の白雪/大野派
   自民党副総裁に就任 178
    「院外団精神は旗本精神である」/?介石殺すにゃ……/日本プロレスコミッショナー/誓約書

第6章 自民党の長老として 190

  陳情の極意 190
    千客万来/「大野伴睦男でござる」/伴睦峠
   トップ争いへ 198
    「おー伴睦さんだ」/屈辱と裏切り
   再び自民党副総裁に 204
    岐阜羽島駅/嫌韓派から親韓派へ/日本横断運河
   巨星堕つ 213
    入院/伴睦死すとも

おわりに 220
大野伴睦略年譜 225
参考・引用文献一覧 231
著者略歴
丹羽 文生(ニワ フミオ niwa fumio)
1979(昭和54)年、石川県生まれ。東海大学大学院政治学研究科博士課程後期単位取得満期退学。 博士(安全保障)。拓殖大学海外事情研究所助教、准教授を経て、2020(令和2)年から教授。海外事情研究所附属台湾研究センター長、大学院地方政治行政研究科教授。この間、東北福祉大学、青山学院大学、高崎経済大学等で非常勤講師。岐阜女子大学特別客員教授。 著書に『「日中問題」という「国内問題」:戦後日本外交と中国・台湾』(一藝社)等多数。
大野 つや子(オオノ ツヤコ oono tsuyako)
大野 泰正(オオノ ヤスマサ oono yasumasa)
タイトルヨミ
カナ:ヒョウデンオオノバンボク
ローマ字:hyoudenoonobanboku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

並木書房の既刊から
丹羽文生/著 大野つや子/監修 大野泰正/監修
荒谷卓/著 二見龍/著
西山邦夫/著
もうすぐ発売(1週間以内)
産業編集センター:小林みちたか 
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
KADOKAWA:須垣りつ 庭春樹 
エール出版社:鳩山文雄 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。