近刊検索 デルタ

2022年7月26日発売

並木書房

出版社名ヨミ:ナミキショボウ

青の翼 ブルーインパルス

東京の空に五輪を描いた男たち
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
2021年夏、その日長引く新型コロナ疲弊し、うつむきがちの人々が一斉に空を見上げた。6機のブルーインパルスがカラースモークで五輪を描き、疲れた日本人の心に大きな希望を与えてくれた。オリンピック史上、二度も大空に五輪を描いて見せたのは世界でブルーインパルスだけである。だが、そこに至る道のりは平坦ではなかった……。OB隊員、整備員、現役パイロットらの証言をもとに、その苦難と栄光の歴史を再現する!
目次
はじめに 10

第1章 ブルーインパルスの基礎知識 19

1番機から6番機まではどう選ばれるか?/メンバー全員が「センター」/4番機の魅力/急遽決まった「医療従事者等への感謝の飛行」/T‐4ブルーの最大の特徴/徒弟制度で学ぶ飛行の極意/戦闘機部隊とブルーの違い/飛行班長の役割/ブルーは地上を走る車ではない/「サッカーボールを描きたい」


第2章 青の軌跡 53

「ハチロク・ブルー」二つの〝衝撃〟の思い出/世界に誇れる日本のブルーインパルス/驚きのアイデアを実現させたT‐2ブルー/T‐4練習機を使った教育システム/ブルー特別仕様のT‐4/T‐4ブルー、早くも30年、まだ30年

第3章「シン」さんのブルーインパルス 75

ブルー飛行班長の重責/自由な発言が危険を回避する/4番機の猛抗議/展示課目「サクラ」の誕生秘話/忘れられない展示飛行/緊張するウォークダウン/ブルーが空を飛ぶ理由/ブルー好きが集う最大級のファンサイト/ブルーインパルス三つの役割

第4章〝9年ジンクス〟を打ち破れ 109

魔の7月4日/事故から学んだ教訓/自分が攻められる限界はどこか?/ブルーに求められる三つの原則/難を逃れたT‐4ブルー/ブルーの帰還を待ちわびた地元住民/飛行技術断絶の危機/天皇陛下とブルーインパルス


第5章 試練を乗り越えて 133

パイロットは飛行隊長を目指す/牡鹿半島墜落事故/創設50周年記念から3・11へ/被災者支援に全力を尽くす/ブルーの機体が残ったのは奇跡/松島基地への帰還/50周年の明暗を味わって

第6章〝オールラウンドプレーヤー〟155

未知の世界を体験したかった/10秒を正確に数える/後輩パイロットの育成術/ブルーのメンバーは全員一致で選ばれる/T‐4後継機の選定

第7章〝五輪飛行〟2021年夏 171

松島基地「ブルーベース」/東京オリンピック開会式/飛行計画の立案/事前の準備と訓練/ブルーの技量は落とせない/どのコースを飛べばよいか/A編隊離陸/「オリンピック・シンボル・レッツゴー」/ナビゲーターの役割/秒単位の編隊誘導/空自広報活動の最前線/3番機ならではの苦労/本番まで残った不安/「成功させたいという一心でした」/ブルーを志望した理由/鼻歌で緊張をやわらげる

第8章 整備小隊の東京五輪 246

「任せるね」と言ってもらえる整備士になりたい/愛機は〝ナナキューマル〟/愛機に対する熱い思い/直前にちょっとしたトラブル

第9章 B編隊の〝五輪飛行〟261

ポスト五輪のメンバー/大勢の人に見られているという緊張感/クールな次期4番機パイロット/空の「ギャング」2番機パイロット/地元の空を飛んで多くの人に見てもらいたい/認識を新たにしたF‐2戦闘機/デジタル戦闘機からアナログ機へ/五輪を描くコツ/〝スリー・アギトス〟飛行/時代が変わっても同じ能力を保持する/4番機・永岡1尉の悩み/ブルーの新たな師弟関係/新メンバーたちの思い/目指すアクロ飛行とは?


おわりに 310
著者略歴
小峯 隆生(コミネ タカオ komine takao)
1959年神戸市生まれ。2001年9月から週刊「プレイボーイ」の軍事班記者として活動。軍事技術、軍事史に精通し、各国特殊部隊の徹底的な研究をしている。著書は『新軍事学入門』(飛鳥新社)『蘇る翼 F-2B-津波被災からの復活』『永遠の翼F-4ファントム』『鷲の翼F-15戦闘機』(並木書房)ほか多数。日本映画監督協会会員。日本推理作家協会会員。元同志社大学嘱託講師、筑波大学非常勤講師。
柿谷 哲也(カキタニ テツヤ kakitani tetsuya)
1966年横浜市生まれ。1990年から航空機使用事業で航空写真担当。1997年から各国軍を取材するフリーランスの写真記者・航空写真家。撮影飛行時間約3000時間。著書は『知られざる空母の秘密』(SBクリエイティブ)ほか多数。日本航空写真家協会会員。日本航空ジャーナリスト協会会員。
今村 義幸(イマムラ ヨシユキ imamura yoshiyuki)
1964年東京都生まれ。2003年小松基地航空祭でブルーインパルスと出会う。2006年に応援サイト「ブルーインパルスファンネット」を開設、2013年より活動主体をSNSに移行し、主にFacebook(フォロワー数約43000人)で応援活動と情報発信を続ける。元第11飛行隊飛行班長吉田信也氏による非定期投稿【説明しよう!】が人気。2009年幻冬舎より小説『スカイクリア』を発表。航空自衛隊幹部学校後援会理事。防衛日報デジタル・コラボ記事ライター。
タイトルヨミ
カナ:アオノツバサ ブルーインパルス
ローマ字:aonotsubasa buruuinparusu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
泣くな、わが子よ
ノーベル賞候補であり続ける文学者の代表作

-- 広告 -- AD --

並木書房の既刊から
小峯隆生/著 柿谷哲也/写真 今村義幸/写真
松岡勝樹/著 二見龍/著
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:堂場瞬一 
経団連出版:楠山精彦 和田まり子 NPO法人キャリアスイッチ 
河合出版:河合塾数学科 
ポプラ社:塚本やすし 
河出書房新社:米本浩二 
SBクリエイティブ:千羽十訊 ミュシャ 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。