近刊検索 デルタ

2020年5月23日発売

緑書房

獣医麻酔のヒヤリ・ハット事例に学ぶ危機管理

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
医療ミスはなぜ起きるのか?
獣医麻酔の現場で起こるさまざまな事例を取り上げ、
その原因と対策を多角的に掘り下げる。

【本書のポイント】
●能力不足によって医療ミスが生じるという認識を改め、
 医療ミスを防ぐための考え方や組織づくりについて解説
●獣医麻酔におけるヒヤリ・ハット事例を「機器と技術」「投薬」「臨床推論および意思決定」
 「コミュニケーションおよびチームワーク」に分けて紹介
●人医療業界や航空業界の事例も取り上げ、
 さまざまな角度からヒューマンエラーについて検証
●ガイドラインやチェックリストなど、
 本書で紹介した考え方や対策の理解を助ける資料を付録として収録
目次
第1章 医療ミス:専門用語と背景
 医療ミス:専門用語
 医療ミス:背景
 結論

第2章 医療ミス:組織・個人および危険な行動
 医療ミスの原因:技術的要因
 医療ミスの原因:組織的要因と監督要因
 医療ミスの原因:環境要因
 医療ミスの原因:個人的要因
 医療ミスの原因:人為的要因
 医療ミスの原因:その他の要因
 結論

第3章 症例における安全なインシデントの報告と分析
 エラーを数えるだけの限界
 我々はエラーからどのように学ぶことができるか?
 症例の安全にかかわるインシデントの分析
 結論

第4章 獣医麻酔における機器と技術のエラー
 事例
 ヒヤリ・ハット(ニアミス)の事例
 結論

第5章 獣医麻酔における投薬ミス
 事例
 ヒヤリ・ハット(ニアミス)の事例
 結論

第6章 獣医麻酔における臨床推論および意思決定のエラー
 事例
 ヒヤリ・ハット(ニアミス)の事例
 結論

第7章 獣医麻酔におけるコミュンケーションおよびチームワークのエラー
 事例
 ヒヤリ・ハット(ニアミス)の事例
 結論

第8章 獣医麻酔における医療ミスの防止
 医療ミスを防止するための一般的な戦略
 エラーを防止するための特別な戦略
 結論

付録
 推奨文献
 専門用語
 ACVAAのモニタリングガイドライン
 馬の麻酔のためのACVAAガイドライン
 チェックリストの簡単な歴史
 米国食品医薬品局(FDA)の麻酔機器点検手順
 獣医麻酔科医協会(Association of Veterinary Anaesthetists、AVA)の麻酔安全チェックリスト
 危機的臨床状況のチェックリスト
著者略歴
John W. Ludders(ジョン ダブリュー ラダース jon daburyuu radaasu)
Matthew W. McMillan(マシュー ダブリュー マクミラン mashuu daburyuu makumiran)
山下 和人(ヤマシタ カズト yamashita kazuto)
酪農学園大学 獣医学群獣医学類 伴侶動物医療学分野 教授(獣医麻酔学)。 1965年 鳥取県生まれ。1987年 鳥取大学 農学部獣医学科を卒業後、1989年 同大学大学院 農学研究科獣医学専攻修士課程修了、1992年 北海道大学大学院 獣医学研究科単位取得退学、1993年 博士(獣医学)取得(北海道大学)。1992年 酪農学園大学 酪農学部獣医学科助手(獣医外科学)、1995年 同講師、1999~2000年 オハイオ州立大学獣医学部に留学(獣医麻酔学)、2002年 同助教授(獣医外科学)を経て、2007年より現職。 学生時代に麻酔に興味をもち、1989年に獣医師免許を取得して以来「体重40gから1トンまで」を合言葉に、約30年間動物の麻酔管理に携わってきた。2004年4月に日本の動物診療施設で最初に設立された“麻酔科”の診療科長として、年間約1,800例の犬や猫、牛、馬などの麻酔・疼痛管理を担当している。
タイトルヨミ
カナ:ジュウイマスイノヒヤリハットジレイニマナブキキカンリ
ローマ字:juuimasuinohiyarihattojireinimanabukikikanri

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

緑書房の既刊から
佐土哲也/著 関慎太郎/写真
RichardG.Harvey/原著 GertterHaar/原著 嶋田照雅/監修・翻訳
JohnW.Ludders/原著 MatthewW.McMillan/原著 山下和人/翻訳

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。