近刊検索 デルタ

2021年10月14日発売

三起商行

シグナルとシグナレス

ミキハウスの宮沢賢治絵本シリーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
宮沢賢治の物語世界に、現代を代表する個性豊かな画家たちが向き合い、絵本化したミキハウスの『宮沢賢治絵本シリーズ』は、江國香織や工藤直子を見出した論客・今江祥智氏から「出会うべき作品に、出会うべき画家が出会っている。白眉である!」と最高の評価を受けました。当シリーズは、1987年に「注文の多い料理店」絵:スズキコージ氏の刊行からはじまりました。
そして2021年、36タイトル目にして山口マオ氏の登場です。傑作を授けていただきました。
今後も刊行を続け、50タイトルを目指してまいります。

「あなたはきっと、私の未来の妻だ。」
「ええ、そうよ、あたし決してかわらないわ」
「婚約指輪(エンゲージリング)をあげますよ、そらねあすこの四つならんだ青い星ね」
シグナルは星空を見上げてシグナレスに云いました。「あの一番下の脚もとに小さな環が見えるでしょう、環状星雲(フィッシュマウスネピュラ)ですよ。あの光の環ね、あれを受け取って下さい、僕のまごころです。」
目次
(一)ガタンコガタンコ、シュウフッフッ、
(二)それからもっともっとつづけざまに
(三)五日の月
(四)『わかってますよ、
(五)どうもひどい風ですね
(六)シグナルはつばをのみこんだり
(七)シグナル
(ハ)あああ、八年の間
(九)諸君、シグナルの胸は燃えるばかり
(十)星はしずかにめぐって行きました
(十一)『ええ』『そうか。ではアルファー』
著者略歴
山口マオ(ヤマグチマオ yamaguchimao)
1958年千葉県千倉町(現・南房総市)生まれ。東京造形大学絵画科卒業。 1987年に「ザ・チョイス年度賞」、1991年に「年鑑日本のイラストレーション新人賞」、 1993年に「ニューヨークADC賞」「ロンドン国際広告賞」、 2002年に「アジア絵本原画ビエンナーレ佳作賞を受賞。 絵を担当した絵本に『わにわにのおふろ』他の「わにわに」シリーズ、『あむ』『あむとあおいリード』 『とのさまがえるにはるがきた』(いずれも作・小風さち/福音館書店)、『十二支のはじまり』(文・長谷川摂子/岩波書店)、『なりました』(作・内田麟太郎/鈴木出版)、『かにのしょうばい』(作・新実南吉/鈴木出版)、『よるのさかなやさん』(文・穂高順也/文渓堂)、『おれ、きょうりゅうしんかんせん』(作・片平直樹/交通新聞社)、『だいち』(詩・谷川俊太郎/岩崎書店)、『おれはサメ』(作・片平直樹/フレーベル館)など多数の作品がある。 自作の絵本に『でんしゃごっこ』『ちびこのおさん』(福音館書店)、『ねこでんしゃ』(交通新聞社)などがある。
宮沢賢治(ミヤザワケンジ miyazawakenji)
宮沢 賢治(みやざわ けんじ、正字: 宮澤 賢治、1896年(明治29年)8月27日 - 1933年(昭和8年)9月21日)は、日本の詩人、童話作家。 仏教(法華経)信仰と農民生活に根ざした創作を行った。作品中に登場する架空の理想郷に、郷里の岩手県をモチーフとしてイーハトーブ(Ihatov、イーハトヴあるいはイーハトーヴォ (Ihatovo) 等とも)と名付けたことで知られる。彼の作品は生前ほとんど一般には知られず無名に近く、没後、草野心平らの尽力により作品群が広く知られ、世評が急速に高まり国民的作家となっていった。そうした経緯もあって日本には広く愛好者が存在する。
タイトルヨミ
カナ:シグナルトシグナレス
ローマ字:shigunarutoshigunaresu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

三起商行の既刊から
スズキコージ/イラスト 宮沢賢治/著
山口マオ/イラスト 宮沢賢治/著
たかいよしかず/著
やぎたみこ/イラスト 宮沢賢治/著
陣崎草子/イラスト
みろこまちこ/イラスト
もうすぐ発売(1週間以内)
吉川弘文館:黒田智 
講談社:三止十夜 藤実なんな 
KADOKAWA:青田かずみ 椎名咲月 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。