近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
Talkテキストシリーズは、学習者が自信を持って英語を話せるようになることを目的に作成された英語教材です。グローバルリテラシー(国際対話能力)教育に力を入れる早稲田大学で人気の科目「Tutorial English」で採用されている実践的な英語コミュニケーションのためのテキストです。早稲田大学准教授近藤悠介博士(教育学博士)監修のもと、最新の英語教授法を取り入れ、大学の授業の経験に基づいて書きおろされています。
シリーズは、”CEFR”と呼ばれる「ヨーロッパ言語共通参照枠」を元にBeginnerからAdvancedまで5つのレベルで構成されています。テキストの各ユニットには、"Can-do "と呼ばれる学習到達目標が設定されています。CEFRは、言語学習において広く知られているガイドラインで、各ユニットでは、様々なアクティビティやシチュエーションを通して、幅広く楽しみながら、Can-doを学習することができます。
「Intermediate A~D」はCEFRレベルのB1~B2(自立した言語使用者)をを対象にしており、以下の方々にお勧めです。
・どんな話題にも対応できる英語力を身につけたい方
・ディスカッションの基礎を学びたい方
・長期留学を予定している方

●Practiceユニット(練習)とAssessmentユニット(評価)について
各テキストには、8つのPracticeユニット(1~ 4、6~9)と2つのAssessmentユニット(5 と10)があります。Practiceユニットには1つのCan-doが設定され、Language FocusセクションとCommunication Tipsで学んだ後、Practiceセクションで様々なスピーキングアクティビティを実践し、Can-doの達成を目指します。各Assessmentユニットでは、既に学んだ4つのCan-doを組み合わせたアクティビティを行い、どれだけ自分がCan-doを達成できているか振り返ることができます。

※各レベルのテキストブックで、Can-do(学習到達目標)が異なるA~Dのテキストブックを用意しています。(BeginnerとAdvancedは、A・Bのみとなります)
著者略歴
株式会社早稲田大学アカデミックソリューション語学教育部(カブシキガイシャワセダダイガクアカデミックソリューションゴガクキョウイクブ kabushikigaishawasedadaigakuakademikkusoryuushongogakukyouikubu)
タイトルヨミ
カナ:トーク インターミディエイトシー
ローマ字:tooku intaamidieitoshii

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
緑の書 リビアのカダフィ大佐の理論
2011年10月20日、カダフィ大佐は殺された

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
学 文 社 (GAKUBUNSHA):三上真寛 
ブティック社:シンゴルフプリンセス 
みらいパブリッシング:佐々木文彦 
五月書房新社:佐藤章 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。