近刊検索 デルタ

10月18日発売予定

航思社

世界の夜 非時間性をめぐる哲学的断章

非時間性をめぐる哲学的断章
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
非時間性=「革命」の水脈

シュンペーター、シュトラウス、ラクラウ――
「イノベーション」や「アントレプレナー」、
新保守主義、
そしてラディカル・デモクラシーで知られる
一見相容れない3人の思想を
根源的に捉えぬいた果てに立ち現れる未知の相貌。
目次
はじめに

第0章 台詞がなかったペルセースのために

●第1部 シュンペーター
第Ⅰ章 シュンペーターの終末論
第Ⅱ章 資本化と政治的威信
第Ⅲ章 新結合をめぐって――イノベーションとその主体に関するいくつかの考察

●間奏 ラクラウ
第Ⅳ章 回帰する人民――ポピュリズムと民主主義の狭間で

●第2部 シュトラウス
第Ⅴ章 末人たちの共和主義――レオ・シュトラウスと“政治哲学”
第Ⅵ章 闘う聖人
著者略歴
布施 哲(フセ サトシ fuse satoshi)
布施哲(ふせ・さとし) 名古屋大学大学院人文学研究科准教授。 1964年生まれ。 慶應義塾大学法学部政治学科卒業、エセックス大学で博士号取得(政治哲学)。 主な著書に『希望の政治学――テロルか偽善か』(角川学芸出版)、『フーコー研究』(共著、岩波書店)、『現代思想と政治――資本主義・精神分析・哲学』(共著、平凡社)など。
タイトルヨミ
カナ:セカイノヨル
ローマ字:sekainoyoru

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

航思社の既刊から
ジャック・ランシエール/著 松葉祥一/訳 上尾真道/訳 澤田哲生/訳 箱田徹/訳
松本圭二/著
もうすぐ発売(1週間以内)
共立出版:小泉義晴 千葉雅史 内田ヘルムート貴大 
講談社:EVILLINERECORDS 相羽紀行 百瀬祐一郎 
フォト・パブリッシング:諸河久 寺本光照 
さ・え・ら書房:黒川裕子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。