近刊検索 デルタ

2024年5月24日発売

鼎書房

出版社名ヨミ:カナエショボウ

三島由紀夫のエンターテインメント 1

三島由紀夫研究
三島由紀夫研究
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
三島由紀夫は文学だけに留まることなく、演劇や舞台におけるパフォーマンス、映画などその活動範囲はエンターテインメントの領域に広く及ぶ。第24号の今回は、三島由紀夫とエンターテイメントをテーマに、三島の作品群を取り上げる。
また、三島晩年の編集者・藤田三男氏による「三島由紀夫文学館 第18回レイクサロン」特別講演「現代文学は古典たり得るか―垣間見たミシマさんの“素顔”」を収録。
目次
《山中湖文学の森 三島由紀夫文学館第18回レイクサロン 特別講演》
現代小説は古典たり得るかという問い
―垣間見たミシマさんの〝素顔〟…講師 藤田三男

文庫本読者による、三島由紀夫作品のエンターテインメント性をめぐる小考察…杉山欣也

三島由紀夫「純白の夜」論―エンターテインメント小説への挑戦―…九内悠水子

三島由紀夫『夏子の冒険』論…藤田 佑

占領下・銀座の生態学―三島由紀夫『につぽん製』論―…本橋龍晃

三島由紀夫「女神」論―『婦人朝日』連載小説との関係からみえるもの―…中元さおり

三島由紀夫『幸福号出帆』論―昭和三〇年の「新聞小説」―…木谷真紀子

三島由紀夫「お嬢さん」―純潔とエンターテイメント…光石亜由美

現代演劇のアダプテーション―三島由紀夫『鹿鳴館』における歌舞伎の方法…久保田裕子

●評 伝・作品史
 戯曲の多様な展開―『近代能楽集』から『鹿鳴館』へ―…松本 徹

●資 料
三島由紀夫著「肉体の学校」について…犬塚 潔

昭和十九年学習院式事録について…三輪太郎

一九五〇年前後の三島由紀夫と大阪の新興夕刊紙―新資料三点…斎藤理生

●断 想
追悼・田中美代子さん…佐藤秀明

追悼文・田中美代子…犬塚 潔

●書 評
伊藤禎子 著『円環の文学―古典×三島由紀夫を「読む」』…木村朗子

長和由美子 著『手記 三島由紀夫様 私は森田必勝の恋人でした』…篠原 裕

平野啓一郎 著『三島由紀夫論』…梶尾文武

レーザ・チャッパローニ・ラ・ロッカ 編『ミシマ・モノガタリ』…村松真理子

ミシマ万華鏡  山中剛史/有元伸子/久保田裕子/佐藤秀明

編集後記…佐藤秀明
著者略歴
松本徹(マツモトトオル matsumototooru)
佐藤秀明(サトウヒデアキ satouhideaki)
山中剛史(ヤマナカタカシ yamanakatakashi)
有元伸子(アリモトノブコ arimotonobuko)
久保田裕子(クボタユウコ kubotayuuko)
タイトルヨミ
カナ:ミシマユキオノエンターテインメント イチ
ローマ字:mishimayukionoentaateinmento ichi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
シネシネナンデダ日記
本物の狂気はあんまり格好よくないです(著者)

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。