近刊検索 デルタ

2023年12月13日発売

生活の友社

出版社名ヨミ:セイカツノトモシャ

最期のアトリエ日記

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
102歳。充分に生きた──2023年6月に逝去した洋画家・野見山暁治(福岡県飯塚市出身、2014年文化 勲章受章)が、月刊誌「美術の窓」で約20年連載したエッセイ《アトリエ日記》。野見山の晩年のライフワークでもあった連載は、野見山の逝去を受け、同誌23年8月号をもって終了した。シリーズ最終巻となる本書には、老いを生き抜いた画家の葛藤を綴った2020年5月から23年6月4日までの日記(最終回・絶筆)が収載される。巻末には、小説家・堀江敏幸による「水槽の中で泳ぐ─『最期のアトリエ日記』解説にかえて」を収録。
著者略歴
野見山 暁治(ノミヤマ ギョウジ nomiyama gyouji)
タイトルヨミ
カナ:サイゴノアトリエニッキ
ローマ字:saigonoatorienikki

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
一番やさしい俳句再入門
実は俳句の本をけっこう出しています

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。