近刊検索 デルタ

2023年12月11日発売

人間社

出版社名ヨミ:ニンゲンシャ

スペイン内戦と人間群像

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
英文学を志す過程で「スペイン内戦」に邂逅した著者の50余年にわたるスペイン内戦研究の集大成。著者は、スペイン内戦を「政治と人間の壮大なドラマ」と捉え、その現場に遭遇した「人間」に注目し、おびただしい数の回想録・体験記などを読み解く。なかでも、時の文学者や知識人が戦時下に「自由と平和」を表明した国際旅団(人民義勇兵)の証言を集め、ここに証言文学の金字塔を打ち立てた。著者は言う。──苦境に立たされたスペイン共和国を救援するために、50数ヵ国から約4万人の義勇兵が国際旅団を編成した。その中の「第15国際旅団」にたった一人の日本人義勇兵、ジャック白井がいた。彼はマドリード近郊のブルネテ戦線で戦死するが。1937年10月4日付の週刊旅団新聞『自由のための義勇兵』第1面に、ジャック白井の写真と「追悼詩」が載った。その左には「ガルシア・ロルカ殺害の目撃談」という記事も掲載されている。人類の愚行の葬列ともいうべき戦争の歴史、かのアリストテレスの「戦争の目的は平和である」の言葉が、今さら真実味が帯びてくる。そういえば、ヨーロッパの70年代、80年代の反核・反核戦運動には、「ゲルカ・ヒロシマ・ナガサキ」の文字がいつも先頭のプラカードに大きく描かれていた──と。
目次
はじめに──「私のスペイン学」の備忘録として
Ⅰ スペイン内戦とは何だったのか──自由と抵抗のドラマツルギー
1 米西戦争の惨敗と「九八年の世代」
2 アルフォンソ一三世の治世
3 モロッコの動乱と「悲劇の一週間」の勃発
4 第一次世界大戦の勃発
5 「一九一七年の危機」
6 プリモ・デ・リベラの独裁政治
7 ブルボン王朝スペインの終焉と第二共和国の誕生
8 「改革の二年間」
9 四面楚歌の新政権
10 「暗黒の二年間」
11 「アストゥリアス一〇月革命」
12 「人民戦線内閣」の誕生
13 軍事叛乱の挫折と内戦の勃発
14 フランコの作戦
15 世界的に広がった共和国支援運動
16 スペイン不干渉委員会
17 マドリードの危機と国際旅団の初陣
18 バルセロナの市街戦──「内戦の中の内戦」
19 叛乱軍におけるフランコの台頭
20 フランコの政党統一令の公布と第一次フランコ内閣の成立
21 背水の陣を敷く共和国陣営、そして内戦の終結
Ⅱ スペイン人とスペイン内戦
1 ガルシア・ロルカのスペイン
2 ドロレス・イバルリ(パシオナリア)
3 マルガリータ・ネルケン
4 ゲルニカの影──「ゲルニカをめぐる七つのエピソード
5 バルセロナ人民オリンピック異聞
6 映画《メキシカン・スーツケース》がもたらしたスペイン内戦の真実
7 妖精は「モグラ」のマノーロだった
──福田善之の《壁の中の妖精》をめぐって
Ⅲ イギリス人・アメリカ人とスペイン内戦
1 ナン・グリーン
2 トム・ウィントリンガム
3 ラルフ・ベイツ
4 スティーヴン・スペンダー
5 イギリス人義勇兵について
6 イギリス知識人のスペイン内戦敗北の受容
7 「ディーセンシィ」が意味するもの
8 ミルトン・ウルフ
9 アーネスト・ヘミングウェイ
Ⅳ 日本人とスペイン内戦
1 ジャック白井のスペイン内戦
2 わが国初のスペイン内戦関係書
3 前スペイン駐在公使青木新
4 スペイン駐在公使矢野眞
5 日本の新聞報道に見るスペイン内戦
6 市井の日本人のスペイン内戦に関する反応
7 スペイン内戦とノモンハン事件
あとがき──サマリーとしてのスペイン内戦
著者略歴
川成 洋(カワナリ ヨウ kawanari you)
タイトルヨミ
カナ:スペインナイセントニンゲングンゾウ
ローマ字:supeinnaisentoningengunzou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ザ・殺人術
人の殺し方を本にしていいのか

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。