近刊検索 デルタ

2022年9月27日発売

クレヴィス

出版社名ヨミ:クレヴィス

遅れた花──私の写真ノート

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
幕末・明治から現代に至る、広大な美術の森を渉猟し、近代美術の研究、現代美術の評論活動を重ねた著者が、永年にわたる美術館での展示活動あるいは折々の内外の作家たちとの交流から見えた「写真の世界」を描く随筆集。

学芸員として、そして美術評論家として彫刻や絵画、写真表現の世界に関わり、様々な現代作家たちと交流を重ねてきた酒井氏によって書かれた文章の数々は、歴史、美術館、そして個人としての目線を通じ、確かな知見と親しみを持って日本の写真について語ります。
目次
1,写真の招来
写真と絵画
写真師・下岡蓮杖

2,遅れた花
遅れた花──エドワード・スタイケン写真展によせて
アルバレス・ブラボの写真による詩

3,時空の鏡
土門拳
 写真のうちに胎生したことば
 『風貌』の刊行
濱谷浩氏と歩いた街角
桑原甲子雄の写真
 アマチュアの視点
 時の溜まりに
時空の鏡──奈良原一高のスペイン
田沼武能氏への手紙

4,残像・証人・記録
残像の東京物語
時代の記録──『酒井啓之写真集』の刊行
綿引幸造の写真
藤田観龍『日本・石の野外彫刻』ほか
石原悦郎とツァイト・フォト・サロン

5,それぞれの課題
安齋重男──写真と彫刻
森本洋充への手紙──虚構と現実の境界を走る車
宮本隆司
 展覧会によせて
 写真随想『いのちは誘う』

あとがき
著者略歴
酒井 忠康(サカイ タダヤス sakai tadayasu)
1941年、北海道に生まれる。1964年、慶應義塾大学文学部卒業後、神奈川県立近代美術館に勤務。1992年、同館館長。2004年、世田谷美術館館長に就任し現在に至る。著書に『海の鎖』(小沢書店)、『覚書 幕末・明治の美術』(岩波書店)、『彫刻家への手紙』『彫刻家との対話』『ある日の画家』『ある日の彫刻家』(以上、未知谷)、『若林奮 犬になった彫刻家』『鞄に入れた本の話』『芸術の海をゆく人 回想の土方定一』『芸術の補助線 私の美術雑記帖』(以上、みすず書房)。『鍵のない館長の抽斗』『片隅の芸術と文学の話』『美術の森の番人たち』(以上、求龍堂)。『横尾忠則さんへの手紙』(光村図書出版)ほか多数。
タイトルヨミ
カナ:オクレタハナ ワタシノシャシンノート
ローマ字:okuretahana watashinoshashinnooto

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
東京化学同人:D.P.Kroese 金森敬文 
講談社:鈴木ゴータ 
小学館:堂場瞬一 
講談社:西條奈加 
以文社:デヴィッド・グレーバー 藤倉達郎 
原書房:高尾栄司 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。