近刊検索 デルタ

2020年1月15日発売

花乱社

日朝交隣外史ノート

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
混沌とした「倭」の時代から1910年の「日韓併合」まで──
相剋しつつもなお対等の交隣関係を求め続けてきた日朝両国2000年の歴史を通覧する。

誠信の交わりと申す事人々申す事に候らえども、多くは字義を分明に仕らざる事これあり候。誠信と申し候は実意と申す事にて、互いに欺かず争わず、真実を以て交わり候を誠信とは申し候。(雨森芳洲『交隣提醒』より)
目次
はじめに
1 倭と倭寇
2 富山浦
3 壬辰倭乱
4 丁酉倭乱
5 己酉約条
6 回答兼刷還使
7 倭館
8 信使聘礼改変
9 享保の信使
10 誠信堂記
11 薩摩芋物語
12 易地聘礼と幻の信使
13 明治の書契
14 釜山居留地
参考文献
著者略歴
示車 右甫(ジシャ ユウホ jisha yuuho)
1931(昭和6)年,福岡市に生まれる。 1950(昭和25)年,福岡市立博多工業高等学校卒業。 2004(平成16)年,東福岡信用組合退職。 【著書】 『断食者崩壊』(1967年。福岡市民芸術祭賞・小説部門の一席) 『天草回廊記』(上・下,文芸社,2006・08年) 『対馬往還記』(海鳥社,2009年) 『天草回廊記 志岐麟泉』(海鳥社,2010年) 『天草回廊記 隠れキリシタン』(海鳥社,2012年) 『廃仏毀釈異聞』(海鳥社,2014年) 『歴史探訪 天草興亡記』(海鳥社,2015年) 『瀬戸焼磁租 加藤民吉,天草を往く』(花乱社,2015年) 『天主堂二人の工匠─小山秀之進と鉄川与助』(海鳥社,2016年) 『破戒僧親鸞』(櫂歌書房,2019年)
タイトルヨミ
カナ:ニッチョウコウリンガイシノート
ローマ字:nicchoukouringaishinooto

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
北大路書房:ジョン・ハッティ グレゴリー・イエーツ 原田信之 
金子書房:江川玟成 
マイナビ出版:株式会社メンバーズ 福島信 鶴田純也 村上大典 廣瀬竜也 吉田隼 ほか

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。