近刊検索 デルタ

8月28日発売予定

花乱社

維新秘話・福岡

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
幕末・維新の事跡を福岡県内に尋ね歩き,多くの秘話・史跡を紹介
時代の激流に翻弄され,勤皇派・佐幕派ともに数多の有為な人物が命を落とした福岡の幕末・維新。これまであまり語られてこなかった維新期の福岡に光をあて,日本近代の黎明史を捉えなおす。
 **
幕末,太宰府は「維新の策源地」として諸国の志士が往来するところであった。薩長の間を取り持ち,五卿の移転,西郷隆盛らと長州征伐中止に持ち込んだ筑前勤皇党の志士たちの働きがなければ,明治維新はあり得ただろうか。「乙丑の獄」によって,筑前勤皇党は壊滅的な打撃を受け,そのおよそ2年後,大政奉還,王政復古,明治維新となる。すでに福岡藩は政権中枢からは佐幕派と見られ,取り残された──。
著者略歴
浦辺 登(ウラベ ノボル urabe noboru)
昭和31年,福岡県生まれ。歴史作家・書評家。オンライン書店bk1では「書評の鉄人」の称号を得る。著書に『太宰府天満宮の定遠館』,『霊園から見た近代日本』,『東京の片隅からみた近代日本』,『玄洋社とは何者か』『勝海舟から始まる近代日本』(以上,弦書房)
タイトルヨミ
カナ:イシンヒワフクオカ
ローマ字:ishinhiwafukuoka

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

花乱社の既刊から
示車右甫/著
光畑浩治/著
本日のピックアップ
大蔵財務協会:望月文夫 
大蔵財務協会:椎谷晃 
草思社:山口真一 
ロングセラーズ:池口恵観 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。