近刊検索 デルタ

2022年3月17日発売

学研プラス

出版社名ヨミ:ガッケンプラス

マンモス

プラモデル図鑑
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
プラモデルとミニ図鑑がセットになった、学べるプラモデル!

本キットは、「作って学ぼう! 」をコンセプトに、「プラモデル」のほかに「ミニ図鑑」と「ジオラマ背景ボード」がセットになった商品です。プラモデルは、わん曲した巨大な牙が魅力の「マンモス」。株式会社BANDAI SPIRITS開発によるマンモスのプラモデルは、精巧な「全身骨格」と、躍動感ある姿形をした「外皮パーツ」から構成されています。骨格と外皮は自由に着脱でき、さらに、外皮パーツは温度によって変色するため、形と色でいろいろなフォルムを楽しめるユニークなプラモデルです。

発掘フェーズ マンモスの骨格の組み立てが楽しめる
骨格は、骨の形や関節の動きなどを最新の学説をふまえリアルに再現しました。各パーツは、骨の名称を覚えたり、形や大きさを比べたりしやすいように、大腿骨や肩甲骨など部位ごとに細かく分かれています。骨格の特徴については付属のミニ図鑑で解説していて、ミニ図鑑を参照しながら組み立てることで、考古学者がおこなう骨格復元のプチ疑似体験ができます。

復元フェーズ マンモスの体色変化が楽しめる
外皮には、温度で色が変わる特殊な樹脂「温感PS材料」を採用。冷蔵庫で約10℃以下に冷やすと乳白色から茶色に変化します。プラスチックの色の変化を楽しめるだけでなく、マンモスが氷河期にもどり復活したように見立てて遊ぶこともできます。

学びフェーズ ミニ図鑑は絶滅動物の大特集
プラモデルを組み立てた後は、付属のミニ図鑑が子どもたちのもっと知りたい! に応えます。ミニ図鑑では、マンモスの生態だけでなく、サーベルタイガーやドードーなど、1万年前?ここ数千年のうちに地球上から姿を消した動物についてもたっぷり紹介。有名な絶滅動物を中心に、その大きさや生息地域、年代、絶滅に至った経緯まで解説しているので、調べ学習にも役立ちます。

〈入っているもの〉
プラモデルランナー(2枚)
取扱説明書
ミニ図鑑(絶滅動物園)
ジオラマ背景ボード

工具や接着剤は不要。パチッとはめるだけで組み立てられます。
著者略歴
学研科学編集部(ガッケンカガクヘンシュウブ gakkenkagakuhenshuubu)
タイトルヨミ
カナ:マンモス
ローマ字:manmosu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

学研プラスの既刊から
健部伸明/監修 なんばきびほか/イラスト
松原照子/著
健部伸明/監修 なんばきび/イラスト
もうすぐ発売(1週間以内)
フォト・パブリッシング:寺本光照 
ふらんす堂:種谷良二 
NHK出版:オカズデザイン NHK出版 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。