近刊検索 デルタ

2021年9月15日発売

講談社

神在月のこども 映画ノベライズ

講談社青い鳥文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
2021年秋公開!劇場版アニメ『神在月のこども』のノベライズ。少女の名は、カンナ。母を亡くし、大好きだった“走ること”と向き合えなくなった少女。しかし、母の形見に触れたことで運命の歯車がゆっくりと回り始める。亡き母が担っていた使命を受け継ぎ、神の使いのうさぎ・シロと、鬼の子孫の少年・夜叉とともにカンナは神在月の出雲へ。旅先で出会う大小さまざまの八百万の神々に導かれるようにカンナは走る。出雲の地で待つのは死んだ母か、それとも・・・・・・。人々と神々の境界をまたぎ、母の魂を抱き走る、少女の旅がはじまる――。 〈小学中級から すべての漢字にふりがなつき〉
著者略歴
時海 結以(トキウミ ユイ tokiumi yui)
長野県生まれ。歴史博物館にて、遺跡の発掘や歴史・民族資料の調査研究職にたずさわった後、2003年『業多姫』(富士見書房)で作家デビュー。おもな著書に『源氏物語 あさきゆめみし(全5巻)』『平家物語 夢を追う者』『竹取物語 蒼き月のかぐや姫』『枕草紙 清少納言のかがやいた日々』『南総里見八犬伝(全3巻)』『真田十勇士』『紫式部日記 天才作家のひみつ』『小説 ちはやふる中学生編(全4巻)』『小説 映画ちはやふる(全3巻)』(いずれも講談社)などがある。日本児童文学者協会、日本民話の会所属。
四戸 俊成(シノヘ トシナリ shinohe toshinari)
1980年千葉県生まれ cretica universalを立ち上げ11年、映画・漫画・テーマパーク等様々な領域でコミュニケーションを設計。洋画・邦画を代表する大作映画のプレミアイベントから、『リトルプリンス in とよた』『ひるね姫×くらしき』などのタイアップ、『TOYOTA ANIME CINEMA FESTIVAL』のスタートアップまでを統括。『神在月のこども』を企画・原案・原作し、コミュニケーションを監督。
瀧田 哲郎(タキタ テツロウ takita tetsurou)
三宅 隆太(ミヤケ リュウタ miyake ryuuta)
タイトルヨミ
カナ:カミアリヅキノコドモ エイガノベライズ
ローマ字:kamiarizukinokodomo eiganoberaizu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

講談社の既刊から
堂場瞬一/著
EVILLINERECORDS/原著 相羽紀行/著 百瀬祐一郎/著
平野俊彦/著
もうすぐ発売(1週間以内)
共立出版:小泉義晴 千葉雅史 内田ヘルムート貴大 
フォト・パブリッシング:諸河久 寺本光照 
鳥影社:山上一 
集英社:深緑野分 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。