近刊検索 デルタ

2019年6月19日発売

集英社

マーチング・ウィズ・ゾンビーズ ぼくたちの腐りきった青春に

JUMP jBOOKS
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
友達なんていらない。彼氏も彼女もいらない。ぼくたちは居場所がほしい。
ゾンビがいたってかまわない。

第4回ジャンプホラー小説大賞、初の金賞受賞作は、ポップでせつない青春ゾンビ小説。
イラストを手がけるのは、キュートでノスタルジックで不思議な魅力を放つイラストレーターのうえむら。

フィッツジェラルドに憧れるフツメンの大学生・藤堂は、文芸部でラッパーの松尾先輩、モデルでイケメンの白石、元ラグビー部の水口と一緒にゾンビを見に行った先で襲われ、ゾンビウィルスに感染してしまう。周りや母親からはちょっと避けられながらも、4人がたむろする文芸部の部室ではいつもどおりのモラトリアムな毎日。だけど、決して仲がいいってわけじゃない。

内臓から少しずつゾンビ化し始めた藤堂は、医者のすすめで「ゾンビの会」という自助グループに入る。そこで足を切断した少女・星宮と出会い、どちらかがステージ5のゾンビになったら殺す約束をしてしまう。そのうち藤堂は自分もステージ5が近いのを知り、最後の青春を謳歌しようと決意。その過程でバンギャみたいな女子大生・江波と知り合い、彼女も部室にたむろするようになるが、とある失敗で皆がバラバラになって……

そして安楽死前日。スカイツリーのてっぺんで、ぼくたちの青春は急速に動き出すーー

これは、ゾンビ化して自我を失うまで、ユーモアに生きようとする者の物語。
そして、居場所を求めてゾンビのようにさまよう、孤独な者たちの物語。

なにかに夢中になれず、固い絆で結ばれた友達はおらず、彼氏も彼女もほしくない…
でも、どこか居場所がほしいと願う人たちに捧ぐ青春小説。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
労働新聞社:労働新聞社 
大蔵財務協会:河合厚 石井邦明 
大蔵財務協会:加藤千博 
にじゅういち出版:奧山雅治 渡邉輝男 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。