近刊検索 デルタ

2021年9月17日発売

小学館

アルテミスの涙

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
まばたきの会話で女医は真相をつかめるのか

『江花病院』に長期入院している閉じ込め症候群(ロックドインシンドローム)の女性患者・岸部愛華が深夜に体調を崩した。当直中の産婦人科医・水瀬真理亜が診察すると、愛華は妊娠していることが判明する。寝たきりの愛華は誰に妊娠させられたのか? 病院は騒然となり、政治家である愛華の父は激怒するが、前代未聞の事件はマスコミに報道されて世間の知るところとなる。真理亜は真相を探るべく、話すことができない愛華のまばたきを通して彼女の”声”を聞くが――
社会派ミステリーの旗手が人間の尊厳と命の倫理に迫る、新たなる傑作。

【編集担当からのおすすめ情報】
「わたしのこころはしにました」
「たすけてください」
「きんしされています しゃべるなって」
寝たきりで話すことができない女性患者と、文字盤を使った”まばたき”によって交わす緊張感あふれる会話。
かつてない設定のスリリングなミステリーです。
著者略歴
下村 敦史(シモムラ アツシ shimomura atsushi)
タイトルヨミ
カナ:アルテミスノナミダ
ローマ字:arutemisunonamida

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
プレジデント社:
日本実業出版社:中川右介 
朝日新聞出版:伊坂幸太郎 
講談社:講談社 
早川書房:R・A・ラファティ 牧眞司 伊藤典夫 浅倉久志 
早川書房:アイヴィ・ポコーダ 高山真由美 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。