近刊検索 デルタ

9月29日発売予定

東京大学出版会

出版社名ヨミ:トウキョウダイガクシュッパンカイ

知のモラル 新装版

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
第一作『知の技法』はみずからの行為を自覚しようとし、第二作『知の論理』は現場のさまざまな関係に注意を払おうとする点において、ある種のモラルから出発していたが、第三作では知のモラルへの問いかけを前面に出し、大学の内外を問わず多くの人々とともに考えてみようとする。〈知の三部作〉完結編、待望の新装版化!
目次
新装版刊行にあたって
はじめに
第I部 知のモラルを問うために――21世紀のモラルを求めて(小林康夫)
第II部 モラルの地平
人権 「知」の賢慮に向けて(樋口陽一)
国際法 国際法と公正(小寺 彰)
異文化理解 マジック・ミラーの盲点(リヒター、シュテフィ)
歴史 神話をこわす知(小熊英二)
第III部 モラルの現場
権力と反権力 社会的公正への道(隅谷三喜男)
教育 「学校的なもの」を問う(森 政稔)
戦争 〈美〉について(蓮實重彦)
政治的実践 エチカとエートス(カッチャーリ、マッシモ/訳 村松真理子)
第IV部 人間の場所
遺伝子 種と個のあいだで(長谷川眞理子)
生物としてのヒト 「奇妙なサル」に見る互恵性(長谷川寿一)
人間社会の成立 危機のモラル(船曳建夫)
人工物の世界 コレクションとアブダクション(吉川弘之)
第V部 モラルの希望
主体化 真理からフィクションへ(松浦寿輝)
探究心 大学と菩薩心(竹内信夫)
注意力 「魂の自然な祈り」(小林康夫)
結び――そして希望せよ(船曳建夫)
著者略歴
小林 康夫(コバヤシ ヤスオ kobayashi yasuo)
船曳 建夫(フナビキ タケオ funabiki takeo)
タイトルヨミ
カナ:チノモラルシンソウバン
ローマ字:chinomorarushinsouban

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
シネシネナンデダ日記
本物の狂気はあんまり格好よくないです(著者)

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。