近刊検索 デルタ

2020年4月8日発売

文藝春秋

名門譜代大名・酒井忠挙の奮闘

文春学藝ライブラリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
出世ルートから外れた御曹司、再起に挑む!四代将軍徳川家綱の大老を務めた酒井忠清の嫡男、忠挙(ただたか)。将来を約束されたはずの彼の人生は、父の失脚で、突如、暗転する。降格、閑職、奇病、困った親族、そして期待していた嫡男の早世……。これでもかと重なる苦難に、しかし忠挙は諦めない。新興大名・柳沢吉保と姻戚関係になり、時の老中と密接に連絡を交わし、意見具申にも精を出す。ひとえに、親族を救うため、家を守るため、そして将軍・綱吉への忠勤のため――。江戸時代中期、幕府官僚として生きた、ある御曹司の等身大の実像に迫る。文庫化にあたり、補論「酒井忠挙の妹・長姫の憂鬱」を増補。「本書では、家の格式だけでなく、人間力や人心掌握力も問われる徳川政治の厳しさを通して、順風満帆だったかに思われた御曹司エリートが苦労人として辛酸を嘗めるストーリーが語られる。それは現代人も共感できる歴史の教訓にもなっている」――「解説」・山内昌之
著者略歴
福留 真紀(フクトメ マキ fukutome maki)
タイトルヨミ
カナ:メイモンフダイダイミョウ サカイタダタカノフントウ
ローマ字:meimonfudaidaimyou sakaitadatakanofuntou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

文藝春秋の既刊から
堂場瞬一/著
馳星周/著
澤田瞳子/著
誉田哲也/著
福留 真紀 最近の著作
本日のピックアップ
経済産業調査会:吉田親司 
シーエムシー出版:寺尾啓二 池田宰 
大蔵財務協会:佐藤孝一 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。