近刊検索 デルタ

2021年7月27日発売

大月書店

戦争と軍隊の政治社会史

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
近代日本の形を大きく規定した戦争と軍隊、またその基層にあった天皇制。現代日本にも反映する社会統合や社会意識、人々のありようを「政治社会史」という視点から読み解き、日本社会と歴史研究の現在を問う。
目次
序章 現代歴史学と私たちの課題(大串潤児)
第1部 身体と記憶の兵士論
第1章  国府台陸軍病院における「公病」患者たち――昭和一四年度・一八年度における「精神分裂病」患者の恩給策定状況(中村江里)
第2章 戦傷/戦病の差異に見る「傷痍軍人」(松田英里)
第3章 日本兵たちの「慰安所」--回想録に見る現場(平井和子)
第4章 新中国で戦犯となった日本人の加害認識--供述書と回想録との落差を通じて(張宏波)

第2部 軍隊・戦争をめぐる政治文化の諸相
第5章 軍隊と紙芝居(大串潤児)
第6章 南次郎総督と新体制(金奉湜)
第7章 講和後の基地反対運動――長野県・有明における自衛隊演習地化問題(松田圭介)
第8章 戦後地域社会の軍事化と自治体・基地労働者(森脇孝広)
第9章 メディア言説における韓国の対日認識と歴史教科書問題(李宣定)

第3部 天皇制の政治社会史
第10章 東條英機内閣期における戦争指導と御前会議(森茂樹)
第11章 昭和戦時期の皇室財政―制度と実態(加藤祐介)
第12章 国会開会式と天皇―帝国憲法と日本国憲法の連続と断絶(瀬畑源)
終章 戦後歴史学と軍事史研究(吉田裕)
著者略歴
吉田 裕(ヨシダ ユタカ yoshida yutaka)
タイトルヨミ
カナ:センソウトグンタイノセイジシャカイシ
ローマ字:sensoutoguntainoseijishakaishi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

大月書店の既刊から
キムジヘ/著 尹怡景/翻訳
クレスコ編集委員会全日本教職員組合(全教)/編集
メディア総合研究所/編集
クレスコ編集委員会全日本教職員組合(全教)/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
共立出版:小泉義晴 千葉雅史 内田ヘルムート貴大 
フォト・パブリッシング:諸河久 寺本光照 
鳥影社:山上一 
集英社:深緑野分 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。