近刊検索 デルタ

2018年7月25日発売

人文書院

カオスに抗する闘い

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
すべてが壊れゆく前に



生成変化を言祝いだドゥルーズは、一方で思考と観念の崩壊、つまりカオスを恐れた。すべてが壊れ不可逆な破局を迎える手前でとどまるための、ほんの少しの秩序、少しばかりのコツを探ること、それこそがドゥルーズ哲学全体を貫く「秘密の一貫性」であった。本書では、これまで前景化されることのなかったこの問いを全面化し、ドゥルーズ哲学全体を体系的に読解するとともに、敵とされてきた精神分析、現象学との理論的交錯を描きだす。人が生まれ、老い、死んでゆく、敗北を余儀なくされた闘いのなかの絶望と希望、哲学的な問いを人生の問いへと昇華させる、俊英の渾身作ついに刊行。

「ドゥルーズは、そのキャリアの過程で、自身がカオスと呼ぶものをめぐって、何らかの態度変更とでも呼びうるものを行ったのだろうか。彼は、若き日に肯定した生や経験の創造性を、老年において放棄し、むしろ私たち――とりわけ他ならぬ彼自身――を保護する秩序を希求するようになったのだろうか。これは哲学研究上の問いであると同時に、人生をめぐる問いでもある。それゆえ、単純な肯定でも、単純な否定でも、答えにならないだろう。私たちは、この問いを入り口にして、この哲学者の人生に思いを馳せながら、しかしあくまで哲学研究として、本書をはじめることにしたい。」(本書より)
目次
序論
1 二つのカオス
2 主題と理由
3 前提的注解
4 ドゥルーズ・精神分析・現象学
5 構成

第Ⅰ部 システム

第一章 差異と反復
1 時代の空気
2 差異――シミュラクル
3 反復――永劫回帰

第二章 流産する非時間
1 時間の第一の総合
2 幼生の主体、崩潰した自我、疲労
3 時間の第二の総合の要請
4 時間の第二の総合
5 時間の第三の総合の要請
6 時間の第三の総合
7 システムとカオス
8 『意味の論理学』へ

第三章 表面と深層の無意味
1 『意味の論理学』の位置づけとその特徴
2 『意味の論理学』のトポグラフィ
3 命題の三つの次元から第四の次元へ
4 第二次組織の構造
5 超越論的領野
6 深層における言葉と身体

第Ⅱ部 器官なき身体

第四章 単為発生と第二の起源――無人島と他者なき世界
1 無人島――想像力による人間の飛躍
2 他者とは何か――最初期論文における
3 他者とは何か――「ミシェル・トゥルニエと他者なき世界」における
4 他者なき世界――「神経症をたしかに経由し精神病をかすめる冒険」
5 倒錯の論理学に向けて

第五章 否定・否認・排除――倒錯の論理学
1 倒錯の文脈
2 変換論から批評と臨床へ
3 サディズムと純粋否定
4 マゾヒズムと否認
5 父の「排除」?
6 精神分析における「排除」の概念
7 否認と排除の並立の意味
8 死のまったく別の次元

第六章 出生外傷から器官なき身体へ
1 動的発生論とメラニー・クラインの位置づけ
2 メラニー・クラインと「態勢」の理論
3 メラニー・クラインにおける「完全さ」と「全体性」の密輸入
4 否認、再び
5 出生外傷から器官なき身体へ
6 器官なき身体の栄光とは何か
7 器官なき身体とカオスに抗する闘い

第Ⅲ部 モニュメント

第七章 シニフィアンと〈形象〉
1 シニフィアンの行方
2 ラカンにおけるシニフィアン連鎖と記憶形成
3 ドゥルーズにおけるマルコフ連鎖の概念化
4 シニフィアンから〈形象〉へ
5 肉塊への慈悲
6 リズム、器官なき身体、ヒステリー

第八章 担われなければならない肉
1 絵画における形象と感覚
2 諸感官の統一と現象的身体
3 知覚と感覚
4 病者から絵画へ
5 感覚の存在と肉
6 担われなければならない肉
7 黄泉の国、民衆の幻視
 
第九章 モニュメントの行為としての仮構
1 哲学=潜在的/科学=現働的
2 芸術=可能的?
3 芸術は保存する
4 標
5 老い
6 モニュメントの行為としての仮構
7 来るべき民衆

結論

あとがき

人名索引
著者略歴
小倉 拓也(オグラタクヤ)
小倉拓也(おぐら・たくや) 1985年大阪府生まれ。神戸市外国語大学卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了。博士(人間科学)。現在、大阪大学未来戦略機構特任助教。共著書に『発達障害の時代とラカン派精神分析』(晃洋書房)、共訳書にローズ『生そのものの政治学』(法政大学出版局)、サール『意識の神秘』(新曜社)、フィンク『後期ラカン入門』(人文書院)、フィンク『「エクリ」を読む』(人文書院)など。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

週刊コミタン! 2018/10/21号


連載記事

発売してから、どうですか(仮)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。