近刊検索 デルタ

2018年10月31日発売

勉誠出版

三島由紀夫の切腹

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「生命以上の価値なくして何の軍隊だ。それは自由でも民主主義でもない。
我々の愛する歴史と伝統の国、日本だ。これを骨抜きにしてしまった憲法に体をぶつけて死ぬ奴はゐないのか。」

三島の内面でより一層凛烈な滅びの美学として昇華した『葉隠』の求死の美学。
美の一回性を信じていた三島は、一死殉国、一死殉皇の覚悟であった。
「武士道と云ふは、死ぬ事と見付けたり」。
三島はこの葉隠精神の実践に己れの全存在を賭けて突出した。
武士道美学の殉教者たらんとした三島の精神性に迫る!
目次
プロローグ 日本浪漫派・蓮田善明の自決

第一章 葉隠精神の奔騰
昭和四十五年十一月二十五日・市ヶ谷
陸上自衛隊東部方面総監室
総監室前バルコニー
三島由紀夫と森田必勝の切腹

第二章 三島精神の真髄
『小説家の休暇』解題
『葉隠入門』解題
『葉隠の魅力』解題
『憂国』解題
『奔馬』解題Ⅰ
『奔馬』解題Ⅱ

終 章 葉隠精神の真実
三島由紀夫の武士道美学
「楯の会」の思想と行動
遺書と檄文
著者略歴
北影雄幸(キタカゲユウコウ)
1949年東京都生まれ。早稲田大学卒業。若き頃より短歌の道を志し、日本語の美しさを学ぶ。平成年代に入り、[男の生きざま]をテーマに、武士道と軍人精神の究明に傾倒し、関連書籍の出版を重ねる。『甲陽軍鑑』を、武士道をキーワードに読み解いた『実録・風林火山―「甲陽軍鑑」の正しい読み方』(2007年)にて、第25回日本文芸大賞・歴史文芸賞を受賞。 その他の著書に、『三島由紀夫と「葉隠」』(2006年)、『武士道の美学』、『武家女性の美学』(2011年)、『戦国 十冊の名著』、『幕末 十冊の名著』(2012年)、『修身尋常小学校教科書に学ぶ』(2013年)、『武士道基本用語事典』(2013年)、『山頭火秀句鑑賞事典』(2014年)、『山頭火旅情鑑賞事典』(2014年)、『幕末の名著・檄文総解説』(2014年)、『キミもサムライになれる!―武士道を知るための35ヶ条』(2018年)などがある。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

週刊コミタン! 20号


連載記事

発売してから、どうですか(仮)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。