近刊検索 デルタ

2018年9月26日発売

法政大学出版局

性そのもの

ヒトゲノムの中の男性と女性の探求
叢書・ウニベルシタス
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
今日、ヒトのXY染色体のゲノム配列を手にした遺伝学者たちは、男性らしさや女性らしさの要素「性そのもの(sex itself)」を探索している。本書は、文化的なジェンダー規範が性に関する遺伝学的理論に与えてきた影響や誤謬を明らかにし、科学的実践と論理におけるジェンダーの働きの多面性の分析を可能にする「科学におけるジェンダーのモデル化」を提唱、ポストゲノム時代のジェンダー批判的遺伝学を構築する。
目次
日本語版への序文

第一章 性そのもの
第二章 奇妙な染色体
第三章 XとYはいかにして性染色体になったか
第四章 性の新しい分子科学
第五章 男らしさの染色体
第六章 Xの性化
第七章 性決定遺伝子の探索
第八章 男性を救え!
第九章 男性と女性は、ヒトとチンパンジーのように異なっているのか?
第十章 ジェンダーとヒトゲノム
謝辞
訳者あとがき

参考文献
索引
著者略歴
サラ・S・リチャードソン(リチャードソン サラ richaadoson sara)
(Sarah S. Richardson) スタンフォード大学現代思想・文学専攻で博士号を取得。専門は科学史・科学哲学。生命科学における人種とジェンダー及び、科学知の社会的側面を研究対象としている。現在、ハーバード大学科学史学科及び、女性・ジェンダー・セクシュアリティ専攻教授。共編著に、Revisiting Race in a Genomic Age (Rutgers University Press, 2008), Postgenomics: Perspectives on Biology after the Genome (Duke University Press, 2015)がある。
渡部 麻衣子(ワタナベ マイコ watanabe maiko)
国際基督教大学卒業。英国ウォウイック大学大学院博士課程修了。博士(社会学)。現在、東京大学大学院情報学環客員研究員、北里大学医学部客員研究員、法政大学現代福祉学科非常勤講師。専門は科学技術社会論。共編著に『出生前診断とわたしたち「新型出生前診断」(NIPT)が問いかけるもの』(生活書院、2014年)、共著に『遺伝子と医療』(「シリーズ生命倫理学」第11巻、丸善出版、2013年)がある。
タイトルヨミ
カナ:セイソノモノ
ローマ字:seisonomono

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

法政大学出版局の既刊から
ジェニファー・ラトナー=ローゼンハーゲン/著 岸正樹/訳
ポール・セザンヌ/著 エミール・ゾラ/著 アンリ・ミトラン/校訂・解説・注 吉田典子/訳 ほか
ジャック・ランシエール/著 梶田裕/訳 堀容子/訳
ピーター・バーク/著 長谷川貴彦/訳
ニコラス・ローズ/著 檜垣立哉/監訳 小倉拓也/訳 佐古仁志/訳 山崎吾郎/訳
本日のピックアップ
診断と治療社:日本ベーチェット病学会 
技術評論社:リンクアップ監修:デジタルアーツ株式会社 
和泉書院:横田きよこ著 
信山社出版:村中洋介 
秀和システム:松浦健一郎 司ゆき 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。