近刊検索 デルタ

2023年12月21日発売

法律文化社

出版社名ヨミ:ホウリツブンカシャ

「冒険・探検」というメディア : 戦後日本の「アドベンチャー」はどう消費されたか

Social History of Japan
Social History of Japan
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
未知なる世界を伝えてくれた日本の「冒険・探検」は、どのように「消費」されてきたのか? 戦前・戦後の学術探検から、堀江謙一、三浦雄一郎、植村直己、角幡唯介ら冒険家・探検家と呼ばれた人たちの言説とそれを伝えるメディアの関係性に注目。それぞれの冒険・探検が当時の日本社会やメディア状況において、どのように取り上げられ、消費されてきたのかを解明する。*本書で取り上げる人物:小田実、堀江謙一、三浦雄一郎、植村直己、川口浩、猿岩石、栗城史多、角幡唯介 … など
著者略歴
高井 昌吏(タカイ マサシ takai masashi)
タイトルヨミ
カナ:ボウケンタンケントイウメディア : センゴニホンノアドベンチャーハドウショウヒサレタカ
ローマ字:boukentankentoiumedia : sengonihonnoadobenchaahadoushouhisaretaka

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
泣くな、わが子よ
ノーベル賞候補であり続ける文学者の代表作

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。