近刊検索 デルタ

6月2日発売予定

吉川弘文館

近世後期の世界認識と鎖国

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
工藤平助の「加模西葛(カムサ)杜加(スカ)国風説考」(赤蝦夷風説考)には、日本で初めてロシアを描いた地図が挿入され、松平定信らに大きな衝撃を与えた。中国を凌駕するヨーロッパの巨大国家に幕府はいかに対峙したのか。寛政期から文化期にかけての対ロシア外交と蝦夷地政策の歴史的位置を、世界認識の転換のダイナミズムにおいて捉え直し、「鎖国」を再考する。
目次
序章 本書の課題と研究史/世界認識の転換(「加模西葛杜加国風説考」の歴史的意義〈「加模西葛杜加国風説考」と「赤蝦夷風説考」/「加模西葛杜加国風説考」成立の背景/「加模西葛杜加国風説考」の内容/「加模西葛杜加国風説考」の受容〉/一八世紀後期における北辺認識の展開〈世界図/蝦夷図〉/世界認識の転換と日本の自意識〈ロシアの出現/世界認識の転換―新井白石と山村昌永の間/新しい日本の自画像〉)/ヨーロッパとの対峙(松平定信と「鎖国」〈「国法書」再読/「国法書」の歴史的位置/定信の「鎖国」〉/寛政改革期の蝦夷地政策〈幕府直轄論の浮上/松前藩の再編/松前委任・幕府直轄併存論の浮上〉以下細目略/異国船打ち払いの国法の陥穽)/終章 再び、鎖国および「鎖国論」について
著者略歴
岩﨑 奈緒子(イワサキ ナオコ iwasaki naoko)
タイトルヨミ
カナ:キンセイコウキノセカイニンシキトサコク
ローマ字:kinseikoukinosekaininshikitosakoku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

吉川弘文館の既刊から
元木泰雄/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:堂場瞬一 
幻冬舎:横田慎太郎 
東洋経済新報社:山脇秀樹 
光文社:有馬美季子 
青春出版社:清水建二 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。