近刊検索 デルタ

2019年8月8日発売

早稲田大学出版部

SDGs時代の経営管理と心根

多様性の調和による統合の原理に学ぶ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「日本のモノづくりと心」をテーマに、SDGs時代の企業経営の在り方を問う探求の書。企業の経営管理担当者、在庫管理担当者、必読。

「行き過ぎた利潤追求や投資効率を追い求める勝組の理論から、また、経済的勝者のみが地球資源を独占するという不公正な論理から、公正な人道の論理へと経営に携わる人々の心根の大変革が求められるSDGs。理想と現実のはざまで迫られる難しい舵取りにあたり、「多様性の調和による統合の原理」の観点から考察を試みる。」(早稲田大学理工学術院教授・元JICA研究所長 北野尚宏氏)
目次
研究覚え書き―企業システムと五陰仮和合

第Ⅰ部 経営管理のプロセス
 第1章 事業経営と心根
 第2章 信用創造の経営
 第3章 多様性の調和による統合のモデリング

第Ⅱ部 心根のプロセス
 第4章 多様性の調和による統合の原理
 第5章 自分で開拓するキャリア形成
 第6章 識り方のプロセス

 あとがき
著者略歴
光國 光七郎(ミツクニコウシチロウ mitsukunikoushichirou)
1950年、新潟県生まれ。早稲田大学理工学術院創造理工学研究科特任教授。 教育経歴:2000年、大阪大学大学院工学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。2007年、多摩大学大学院経営情報学研究科客員教授(2011年まで)。2010年、早稲田大学理工学術院創造理工学研究科経営デザイン専攻教授。2015年より現職。 職務経歴:1968年、日立システムエンジニアリング入社。1969年、日立製作所コンピュータ事業部転属。2007年、日立コンサルティングマネージングディレクター(執行役員)。2010年、日立グループを定年退職。 著書:『グローバルSCM時代の在庫計画理論』(コロナ社、2005年)、『知識創造時代の事業構造改革』(コロナ社、2012年)、『在庫と事業経営』(日本科技連出版社、2016年)。
タイトルヨミ
カナ:エスディージーズジダイノケイエイカンリトココロネ
ローマ字:esudiijiizujidainokeieikanritokokorone

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

近刊:ランダム

>> もっと見る

新着:ランダム(5日以内)

>> もっと見る


連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。