近刊検索 デルタ

2020年11月30日発売

協同医書出版社

臨床のなかの物語る力

高次脳機能障害のリハビリテーション
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
教育心理学、哲学、認知言語学、そしてリハビリテーション治療学とのコラボレーション
姉妹編『臨床のなかの対話力』の、その次のステージへ


本書は『臨床のなかの対話力』(2019年刊行)の続編です。
本書では、前著で「対話力」と呼んだものの実体にさらに迫りたいと考えました。
それは、「対話」の口火を切り、それを維持していく力は、「私」という意識が対話の相手へと向けた言葉を探し出し、表出するという行為によって成立しているからです。
そしてまた、言語を使う人間の能力が、発達や学習に果たしている役割を理解することは、対話的な発見と学習の場であるリハビリテーション臨床の世界においても「治療理論」のベースとして意識的に活用されるべきであり、「対話力」を「物語る力」としてアクティブに捉えることで、治療における回復に向けた患者さんの原動力をよりいっそう具体的にイメージすることができるのではないかと考えたからです。

患者さんの抱える問題は、脳機能障害による運動も含めた行為全体にわたる複雑なものです。そして、その問題の解決は、どうしても患者さんの脳に備わった仕組みへのアクセスを介して図られなければなりませんし、リハビリテーション治療の目的もまた、そうした認知プロセスをどのように回復させていくのかということに尽きます。
そのアクセスのための経路、言わば人間の認知プロセスの仕組みの変化を知るために患者さんとセラピストとが出会う領域として着目しているのが、「対話」という姿で現れる、言語を使う人間の能力の創造性であり、それらが生み出す具体的な記述の分析と治療への応用です。
本書は、人間に備わる記述能力を「自分の経験を記述し,それを創り上げていく」という意味合いを込めて「物語る能力」と捉え、その能力が生み出すダイナミズムをリハビリテーション治療に活用する方法を提言しています。

リハビリテーション治療に留まらず、保育や教育学、そして心理学に関わる職種にとっても興味深く、実践の手がかりにあふれた内容です。
目次
◆第1部 基本をおさえる
レクチャー① 臨床のなかの物語る「私」(佐藤公治)
レクチャー② 「私」の多様なありかた(田中彰吾)
レクチャー③ 「私」と身体メタファー(篠原和子)

◆第2部 臨床のなかの物語る力
対話① リハビリテーションにおける「私」と「あなた」(本田慎一郎・玉木義規)
対話② ダイアローグが創るモノローグ(中里瑠美子・三上恭平)
著者略歴
佐藤公治(サトウキミハル satoukimiharu)
田中彰吾(タナカショウゴ tanakashougo)
篠原和子(シノハラカズコ shinoharakazuko)
本田慎一郎(ホンダシンイチロウ hondashinichirou)
玉木義規(タマキヨシノリ tamakiyoshinori)
中里瑠美子(ナカザトルミコ nakazatorumiko)
三上恭平(ミカミキョウヘイ mikamikyouhei)
タイトルヨミ
カナ:リンショウノナカノモノガタルチカラ
ローマ字:rinshounonakanomonogataruchikara

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

協同医書出版社の既刊から
佐藤公治/著 田中彰吾/著 篠原和子/著 本田慎一郎/著 玉木義規/著 中里瑠美子/著 ほか
山口晴保/著 北村世都/著 水野裕/著
小川昌/著・編集 江草典政/著・編集 高梨悠一/著・編集
カルロ・ペルフェッティ/著・編集 フランカ・パンテ/著・編集 カルラ・リッツェッロ/著・編集 ほか
もうすぐ発売(1週間以内)
双葉社:十条アラタ 
PHP研究所:田牧大和 
KADOKAWA:サラブレ編集部 
集英社:出水ぽすか 白井カイウ 
フレーベル館:やなせたかし トムス・エンタテインメント 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。