近刊検索 デルタ

2018年8月16日発売

彩流社

ブラセロ・プログラムをめぐる米墨関係

北アメリカのゲストワーカー政策史
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
1942~64年にかけて約20年間実施されていた
「ブラセロ・プログラム」。

この制度のもと、長期滞在を前提とした「移民」に対して、
限られた期間内での就労を認められた
メキシコ人労働者「ブラセロ」は
米国内の労働力として受け入れられた。

労働力不足解消のための外国人労働者を受け入れたいが、
かれらが自国の労働者の脅威となるのも回避したい
アメリカ。

かたや、失業問題を調整する安全弁として労働者を
送り出したいが、自国の人材流出とメキシコ人の待遇に
懸念をいだくメキシコ。

労働者の権利保障の先例ともなった内容とともに、
その背景となる二国間の利害にも着目。
「外国人実習生制度」やトランプ政権下の非合法移民問題にも
通じる制度の変遷を概観する。
著者略歴
戸田山 祐(トダヤマ タスク)
Tasuku Todayama. とだやま・たすく 1981年、東京都生まれ。 2016年、東京大学大学院総合文化研究科 地域文化研究専攻博士課程修了(学術)。 現在、千葉大学大学院社会科学研究院助教。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。