近刊検索 デルタ

10月22日発売予定

青土社

ダンテ論 『神曲』と「個人」の出現

『神曲』と「個人」の出現
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ダンテ没後七〇〇年。「ダンテ論/神曲論」の決定版
日本初の最新の伝記と研究史を備え、ダンテの中世的な側面から現代の世界に与えた影響までを論じる。ダンテのイメージは、政争に破れベアトリーチェに無垢なる愛を捧げた詩人という『神曲』の物語と重ねられ、「イタリア語」を生み出したイタリア国民の父としてナショナリズムのなかで理解されてきた。詩人の明晰な思想を実証主義に基づいた最新の研究成果と、綿密な読解から明らかにし、世界文学の代表としての『神曲』が持つ現在性を描き出す。
著者略歴
原基晶(ハラモトアキ haramotoaki)
タイトルヨミ
カナ:ダンテロン
ローマ字:danteron

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

青土社の既刊から
ジュリアン・バーバー/著 川崎秀高/翻訳 高良富夫/翻訳
バリー・ストラウス/著 森夏樹/翻訳
マイケル・クロウリー/著 児島修/翻訳
マーク・ソームズ/著 岸本寛史/翻訳 佐渡忠洋/翻訳

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。