近刊検索 デルタ

2023年1月31日発売

信山社出版

出版社名ヨミ:シンザンシャシュッパン

ドイツ労働法判例50選

裁判官が描く労働法の歴史
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◆労働法判例の面白さと、日本の解釈論・立法論への重要な示唆―訳者による解説、キットナー教授へのインタビューも付した充実の書◆
ドイツ労働法生成以来、約120年間に及ぶ膨大な判決のうち、特に重要な50判例を選び、歴史的背景とその後の判例・立法の展開を解説。各判例が現在と将来にもたらす先例的価値が分かり易く理解でき、日本の実務家や研究者等に広く有用の書。巻末にキットナー教授への訳者によるインタビューや、訳者解説も付す。(原著:50 Urteile: Arbeitsgerichte schreiben Rechtsgeschichte, 3. Aufl. By Michael Kittner)
目次
『ドイツ労働法判例50選』
 ミヒャエル・キットナー 著/橋本陽子 訳


【目 次】

・序文


◆序 章

◆ライヒ時代
  はじめに
  1 争議行為の威嚇は脅迫である
  2 キールのパン屋のボイコット
  3 アルトナの木材労働者のストライキ:労働協約

◆ワイマール共和国
  はじめに
  4 キール路面鉄道事件:経営リスク
  5 鉄道員のストライキ:官吏のストの禁止
  6 「ルール鉱山ストライキ」
  7 労働者概念
  8 任意性の留保

◆連邦共和国

◆個別的労働法
  9  同一賃金
  10 独身条項
  11 労働者の責任
  12 客観的事由の不要な期間の定め
  13 償還条項
  14 事業所年金:期待権の不喪失
  15 現業労働者と職員
  16 継続就労請求権
  17 教会の労働者
  18 「ビルカ」事件:間接差別
  19 「企業決定」と解雇
  20 「代理商」事件:損なわれた契約対等性
  21 深夜労働の禁止
  22 「クリステル・シュミット」事件:事業移転
  23 「マンゴルド」事件:年齢差別
  24 「ハイニッシュ」事件:公益通報

◆共同決定
  25 効力要件としての共同決定権
  26 「鍋理論(Topftheorie)」
  27 共同決定法は合憲である
  28 「企業決定」と共同決定
  29 「技術者報告システム」事件:コンピュータによる監視
  30 操業短縮における提案権
  31 協約外給付への算入
  32 事業所委員会の差止請求権
  33 「ブルダ」事件:労働組合の差止請求権
  34 団結の自由と「中核領域」
  35 協約単一性
  36 労働組合の概念
  37 差異化条項
  38 算入禁止条項
  39 ドイツ労働総同盟の仲裁裁判所

◆争議行為
  40 新聞スト
  41 大法廷1955年判決
  42 シュレスヴィッヒホルシュタイン州のストライキ
  43 エアヴィッテのザイベル社における職場占拠
  44 ロックアウト
  45 「冷たいロックアウト」:争議行為リスクと共同決定
  46 警告スト
  47 「冷たいロックアウト」:雇用促進法116条
  48 機関士のストライキ
  49 「バイキング」事件/「ラヴァル」事件
  50 「フラッシュモブ」

◆エピローグ―法の継続形成(判例法理)の限界

    ―  ―  ―

◇ミヒャエル・キットナー教授インタビュー

◇訳者解説

・索 引
著者略歴
ミヒャエル・キットナー(ミヒャエル キットナー mihyaeru kittonaa)
橋本 陽子(ハシモト ヨウコ hashimoto youko)
タイトルヨミ
カナ:ドイツロウドウホウゴジュッセン
ローマ字:doitsuroudouhougojussen

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

-- 広告 -- AD --

信山社出版の既刊から
行政法研究会/編集 宇賀克也/著 村上裕章/著 須藤陽子/著 板垣勝彦/著 鄭南哲/著 ほか
ジャン・ダスプルモン/著 根岸陽太/訳
友岡史仁/著
柳原正治/編 森川幸一/編 兼原敦子/編
もうすぐ発売(1週間以内)
成文堂:長谷川貞之 
風媒社:溝口常俊 
中央公論新社:安倍晋三 橋本五郎 尾山宏 北村滋 
講談社:講談社 杉山勝巳 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。