近刊検索 デルタ

2021年9月30日発売

信山社出版

テキストブック法律と死因究明

信山社ブックレット
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◆法律は実際の司法の現場でいかに使われるか◆
法律が実際の司法の現場でどのように使われているのか、具体的事例を用いて学ぶテキスト【「第1部 導入編」・「第2部 基礎編」・「第3部 実践編」】。「死因究明」の役割を意識しつつ,人の死が関わる法律問題(刑事事件・民事事件)を解決するために必要な法的知識をやさしく解説。信頼の法学研究者と法曹実務家が共同した、法律学や法医学を学ぶ方々などに最適の書。
目次
『テキストブック 法律と死因究明』

田中良弘・稲田隆司・若槻良宏 編著

【目 次】

・はしがき
・刊行によせて

◆第1部◆導入編

●第1章 法律問題と死因究明
Ⅰ ガイダンス
Ⅱ 法律問題における死因究明の役割

◆第2部◆基礎編

●第2章 犯罪とは何か?
Ⅰ はじめに
Ⅱ 刑法の意義・特色・機能
Ⅲ 犯罪の意義と成立要件
Ⅳ 死因究明と深く関わる犯罪類型

●第3章 刑事手続の概要
Ⅰ はじめに
Ⅱ 捜査~公訴の提起
Ⅲ 公 判

●第4章 刑事裁判と証拠法則
Ⅰ はじめに
Ⅱ 証拠法則
Ⅲ 自由心証主義

●第5章 不法行為責任とは何か?
Ⅰ はじめに
Ⅱ 不法行為責任の成立要件
Ⅲ 過 失
Ⅳ 因果関係

●第6章 民事裁判の概要
Ⅰ はじめに
Ⅱ 民事裁判の基本原則
Ⅲ 民事裁判の基本的な流れ

◆第3部◆実践編

●第7章 捜査活動と死因究明
Ⅰ はじめに
Ⅱ 捜査における死因究明の役割
Ⅲ 捜査段階における死因究明

●第8章 刑事事実認定と死因究明① ―事件性―
Ⅰ はじめに
Ⅱ 事件性の認定と死因究明
Ⅲ 事件性が争われた具体的事例

●第9章 刑事事実認定と死因究明② ―殺意―
Ⅰ はじめに
Ⅱ 殺意の認定と死因究明

●第10章 刑事手続と死因究明① ―鑑定―
Ⅰ はじめに
Ⅱ 刑事手続における鑑定の役割
Ⅲ 鑑定書のポイント
Ⅳ 裁判員裁判における鑑定の取り扱い

●第11章 刑事手続と死因究明② ―証人尋問―
Ⅰ はじめに
Ⅱ 証人尋問の流れ

●第12章 民事紛争と死因究明
Ⅰ はじめに
Ⅱ 医療事故における過失
Ⅲ 医療事故における因果関係

●第13章 民事事実認定と死因究明① ―過失―
Ⅰ はじめに
Ⅱ 民事裁判における過失の認定

●第14章 民事事実認定と死因究明② ―因果関係―
Ⅰ はじめに
Ⅱ 民事裁判における因果関係の認定

●第15章 民事裁判と死因究明
Ⅰ はじめに
Ⅱ 民事裁判における立証活動
Ⅲ 民事医療訴訟の具体的事例  
著者略歴
田中 良弘(タナカ ヨシヒロ tanaka yoshihiro)
稲田 隆司(イナダ タカシ inada takashi)
若槻 良宏(ワカツキ ヨシヒロ wakatsuki yoshihiro)
タイトルヨミ
カナ:テキストブックホウリツトシインキュウメイ
ローマ字:tekisutobukkuhouritsutoshiinkyuumei

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

信山社出版の既刊から
河上正二/責任編集 鹿野菜穂子/著 中田邦博/著 カライスコス・アントニオス/著 石尾智久/著 ほか
岩沢雄司/編集代表 岡野正敬/編集代表
村中洋介/著 川島翔/著 奥忠憲/著 前田太朗/著 竹村壮太郎/著 色川豪一/著 山科麻衣/著 ほか
もうすぐ発売(1週間以内)
集英社:堂場瞬一 
えにし書房:マーガレット・マクミラン 真壁広道 
玄光社:CMNOW編集部 大塚素久(SYASYA) 
講談社:藤本ひとみ 
主婦の友社:橋本将吉 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。