近刊検索 デルタ

2020年7月11日発売

秀和システム

ディープ・ステイトの真実 日本人が絶対知らない!アメリカ大統領選の闇

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
まもなく迫る米大統領選。勝つのはバイデンか? それともトランプの再選か?
「ディープ・ステイト」は2016年11月にトランプ大統領が決まって以来、この2020年に必ずトランプを追い落とすためにありとあらゆる手を使って、トランプにダメージを与えようと狂奔してきた。ロシア疑惑、ウクライナ疑惑と呼ばれている「疑惑」は、すべてそのようなでっちあげ事件であった。そのことが今年になってから数々の公開資料によってようやく明らかになりつつある。
本書は、アメリカ在住のジャーナリストである著者が、日本ではほとんど知られることのない、真実のアメリカ大統領選、その中核で策謀している「デイープ・ステイト」の本当の恐ろしい姿を白日の下に晒す政治評論である。
副島隆彦氏との Skype 特別対談「2020年アメリカ大統領選とディープ・ステイトの真実」も収録。
【章目次】
第1章 大手メディアが伝えたロシア疑惑
第2章 スティール調査書
第3章 モラー報告書
第4章 魔女狩りの執行人たち
第5章 ホロウィッツ報告書
第6章 オバマ政権の悪事
第7章 クリストファー・スティール
第8章 ディープ・ステイトに狙われた人々・その1 ドン・ジュニア
第9章 ディープ・ステイトに狙われた人々・その2 ポール・マナフォート
第10章 ディープ・ステイトに狙われた人々・その3 マイケル・フリン
第11章 ディープ・ステイトに狙われた人々・その4 パパドポロス
第12章 ディープ・ステイトに狙われた人々・その5 カーター・ペイジ
第13章 ステファン・ハルパーの正体
第14章 謎の人物ジョセフ・ミフサド
第15章 CIA、大手メディア、民主党議員の共謀
第16章 オバマとブレナン、二人三脚の悪だくみ
第17章 ロシア疑惑の真相
第18章 ウクライナ疑惑~弾劾裁判~
第19章 ザ・グレイト・ゲーム
第20章 グラディオ作戦
第21章 グラディオからグラディオBへ
第22章 民主主義奨励を隠れ蓑に外国を侵略する疑似NGO
第23章 ウクライナ〝革命〟というお話
第24章 ウクライナの真実
第25章 結論
第26章 トランプ対ディープ・ステイト 第3ラウンド
特別対談 西森マリー × 副島隆彦「日本人が知らない!2020年アメリカ大統領選とディープ・ステイトの真実」
目次
まえがき
第1章 大手メディアが伝えたロシア疑惑
  始まりは民主党全国委員会のコンピュータ・ハッキング
  狙われたトランプ
第2章 スティール調査書
  あら探し専門会社に雇われた元MI6のスパイ
  「スティール調査書は〝作り話〟」とFBIもCIAも知っていた
第3章 モラー報告書
  共謀の証拠がなくても「共謀はあった」と信じて疑わない民主党派
  メール・ハッキングもロシアの仕業とは断定してないモラー報告書
  クラウドストライクの分析は当てになるのか?
第4章 魔女狩りの執行人たち
  ロシア疑惑捜査陣の面子
  トランプ嫌いの捜査関係者
  これは魔女狩りだ!
第5章 ホロウィッツ報告書
  ホロウィッツ監査官の調査で分かったこと
  不法な監視
第6章 オバマ政権の悪事
  トランプ当選後から大統領就任までのオバマ政権の非行の数々
第7章 クリストファー・スティール
  クリストファー・スティールってどんな人?
  民主党べったりのハリウッド
第8章 ディープ・ステイトに狙われた人々・その1 ドン・ジュニア
  トランプの長男ドン・ジュニア
  クレムリンの弁護士ヴェセルニツカヤはなぜトランプタワーに送り込まれたか
第9章 ディープ・ステイトに狙われた人々・その2 ポール・マナフォート
  トランプの選挙コンサルタント、ポール・マナフォート
  実はウクライナの工作員、アレクサンドラ・チャルパとその妹
  民主党とウクライナの〝共謀〟
第10章 ディープ・ステイトに狙われた人々・その3 マイケル・フリン
  マイケル・フリン安全保障問題担当大統領補佐官
  諜報機関、国務省、国防省に激しく憎まれていたフリン
  「平和の使者」の皮をかぶったテロ仕掛け人、フェットフッラー・ギュレン
  ミランダ警告も与えず尋問
第11章 ディープ・ステイトに狙われた人々・その4 パパドポロス
  外国スパイ網
  主な登場人物
  トランプの外交政策顧問、パパドポロスの世にも不思議な物語
  あまりに卑劣なFBI捜査
第12章 ディープ・ステイトに狙われた人々・その5 カーター・ペイジ
  もう一人の外交政策顧問カーター・ペイジ
  トランプ本人を盗聴するための入口として利用された
第13章 ステファン・ハルパーの正体
  選挙裏工作の大ベテラン
  ハルパーの黒幕はCIA(ブレナン)
第14章 謎の人物ジョセフ・ミフサド
  明らかに噓をついてるミフサド教授
第15章 CIA、大手メディア、民主党議員の共謀
  クーデター、レジーム・チェンジのCIA史 
  〝ロシアの脅威〟という呪文
  偽情報をばらまく本当の〝犯罪者たち〟
  大手メディアと民主党
  ディープ・ステイトはゴキブリ
第16章 オバマとブレナン、二人三脚の悪だくみ
  ロシア疑惑の主犯、ブレナンとオバマ
  〝赤狩り〟の下院非米活動委員会の伝統
  〝アラブ通〟ブレナンのお粗末なアラビア語力
  オバマの出生証明書をめぐる複数の〝謎の死〟
  ドローンでテロリストと民間人を殺しまくったオバマとブレナン
  ペトレイアスを追い落としてCIA長官になったブレナン
  盗聴魔オバマ
  イスラム国を支援したオバマ
  自分が大好きなオバマ 
  陰険オバマのゆがんださもしい根性
第17章 ロシア疑惑の真相
  ロシア・ゲートではなく〝オバマ・ゲート〟が真相
第18章 ウクライナ疑惑~弾劾裁判~
  トランプ潰しの第2弾
  〝ウクライナ疑惑〟という〝お話〟
第19章 ザ・グレイト・ゲーム
  「ロシアは本質的に拡大政策主義」―― グレイト・ゲームという台本
  すべての戦争、紛争、〝民衆蜂起〟の陰で糸引くキッシンジャーとブレジンスキー
  ドイツ語圏でも人気のプーチンがディープ・ステイトの反露感情に火をつけた
第20章 グラディオ作戦
  ナチの戦犯をリクルートして実行されたステイ・ビハインド作戦
  偽旗工作としてのグラディオ作戦
第21章 グラディオからグラディオBへ
  ド・ゴールを殺そうとしたCIA
  ローマ法王暗殺未遂事件もグラディオ作戦
  イスラム教過激派を使う偽旗工作 ―― グラディオB
第22章 民主主義奨励を隠れ蓑に外国を侵略する疑似NGO
  〝レジーム・チェンジ〟を仕掛ける組織・団体
  アメリカが気に入らないリーダーは〝最悪の独裁者〟の烙印
  ロシア疑惑、ウクライナ疑惑はこの手法をアメリカ国内に応用しただけ
第23章 ウクライナ〝革命〟というお話
  ブレジンスキーが書いた台本が実行に移されたウクライナ〝革命〟
第24章 ウクライナの真実
  ディープ・ステイトが推すユシチェンコvs反急進派ヤヌコヴィッチ
  ディープ・ステイトの〝生け贄〟カダフィ大佐
  真実を闇に葬ったチャルパ
  リークされたニューランドの会話もメディアは無視
  実際はネオナチがデモ隊を撃っていた
  ジョージ・ソロスの悪だくみ
  「クリミアは欧州の問題」のトランプ発言がディープ・ステイトの怒りに火をつけた
  大統領選とトランプ泥塗りサイト
  大統領就任式に「弾劾作戦が始まった」(ワシントン・ポスト)
  スクリパル事件を最大利用するディープ・ステイト
  ニュー・ノレッジのアラバマ・プロジェクト
  スクリパル殺害はディープ・ステイトの仕業
  トランプはウクライナへの武器輸出に交換条件など出してない
  ディープ・ステイトがいかにまったくの大噓を国民の半分に信じ込ませたか
  〝急を要する〟のに平気でクリスマス休暇入りの茶番
第25章 結論
  弾劾は2020年、トランプ再選を防ぐためのグラディオ2
  ディープ・ステイトが「ディープ・ステイト」の存在を認める
  ディープ・ステイトの長年の寄生虫バイデン
第26章 トランプ対ディープ・ステイト 第3ラウンド
  コロナ禍の最中も続くトランプ潰し報道
  ファクト・チェック機関にもソロスの影
  2020年大統領選はグラディオ・パート3
あとがき
著者略歴
西森マリー(ニシモリマリー nishimorimarii)
西森マリー(にしもり まりー) ジャーナリスト。エジプトのカイロ大学で比較心理学を専攻。イスラム教徒。1989年から1994年までNHK教育テレビ「英会話」講師、NHK海外向け英語放送のDJ、テレビ朝日系「CNNモーニング」のキャスターなどを歴任。1994年から4年間、ヨーロッパで動物権運動の取材。1998年、拠点をアメリカのテキサスに移し、ジャーナリストとして活躍している。著書に『ギリシア・ローマ神話を知れば英語はもっと上達する』(講談社)、『ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか? アメリカを蝕むリベラル・エリートの真実』(星海社新書)、『世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語』『聖書をわかれば英語はもっとわかる』(以上、講談社)、『レッド・ステイツの真実 ―― アメリカの知られざる実像に迫る』『西森マリーの カード、英語で書きましょう!』(以上、研究社)、『英語で楽しく自己紹介!』(ジャパンタイムズ)他多数。
タイトルヨミ
カナ:ディープステイトノシンジツ ニホンジンガゼッタイシラナイアメリカダイトウリョウセンノヤミ
ローマ字:diipusuteitonoshinjitsu nihonjingazettaishiranaiamerikadaitouryousennoyami

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
マガジンハウス:あきこ 
コロナ社:野波健蔵 
ライフサイエンス出版:日本腎臓学会 日本透析医学会 日本腹膜透析医学会 日本臨床腎移植学会 ほか
共立出版:MariaSchuld FrancescoPetruccione 大関真之 ほか
東京書籍:ケイトホッジス サラパップワース 西川知佐 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。