近刊検索 デルタ

2019年8月24日発売

中央法規出版

よくある場面から学ぶ介護技術

ステップアップ介護
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
介護職の「知識」を「実践力」に変える――ステップアップ介護シリーズ!
「やってしまいがち」「よかれと思ってやっている」「困ってしまう」など…。
介護の現場でよくある場面をイラストで紹介し、
どこがよくないのか→なぜよくないのか→どうしたらよいのかをわかりやすく解説します。
「新人研修」や「事業所内研修」にも最適です!


【よくある場面から学ぶ介護技術】
利用者の生活全体を支える介護技術。
「先輩に教わったとおりに」「時間内に終えるために」
「何となくラクそうだから」などの理由から、
やってしまいがちな不適切な対応場面を取り上げ、
よくない理由と具体的な対応方法を丁寧に解説します。


【介護技術のやってしまいがちな場面を多数紹介】
■介護技術は、誰の指示に従うのが正解?
■利用者に触れる際に、気をつけることってある?
■なぜかあごが引けない?!
■便座に座っても、排便・排尿がないことが多い
■寒い日は、急いで熱めのシャワーをかける?!
■居室なら羞恥心への配慮は必要ない?!  など


【ステップアップ介護シリーズ ラインナップ】
『よくある場面から学ぶコミュニケーション技術』(大谷佳子)
『よくある場面から学ぶマナーと接遇』(榊原宏昌)
『よくある場面から学ぶ認知症ケア』(山出貴宏)
『よくある場面から学ぶ介護技術』(長藤成眞)
以下、続刊予定!


【著者紹介】
長藤成眞
社会医療法人大成会長汐病院看護師
介護福祉士・介護支援専門員
介護老人保健施設の介護職員として5年間勤務した後、訪問介護、通所介護、居宅介護支援事業所の介護職員、介護支援専門員として勤務しながら、初任者研修、実務者研修等の講師を務めるほか、介護事業の立ち上げなどにも多数携わる。現在は、医療型療養病棟の看護師として勤務しながら、介護福祉士の養成・教育に携わっている。
「利用者が思う在宅生活とは何か」「社会資源の一つとして、自分に何ができるか」を日々考えながら介護現場の教育に奮闘中である。「訪問介護サービス」(日総研出版)にて連載中。
著者略歴
長藤 成眞(ナガフジ ナルマサ nagafuji narumasa)
タイトルヨミ
カナ:ヨクアルバメンカラマナブカイゴギジュツ
ローマ字:yokuarubamenkaramanabukaigogijutsu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

中央法規出版の既刊から
中田洋二郎/監修 猿渡知子/編集 楯雅博/編集
渡邉浩文/著
本日のピックアップ
技術評論社:リンクアップ監修:デジタルアーツ株式会社 
日本能率協会マネジメントセンター:松永博樹 内山正悟 
草思社:スティーブン・ピンカー 橘明美 坂田雪子 
草思社:堀秀道 門馬綱一 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。