近刊検索 デルタ

2024年3月4日発売

名古屋大学出版会

出版社名ヨミ:ナゴヤダイガクシュッパンカイ

科学ジャーナルの成立

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
学術雑誌の歴史から、科学のあり方を問い直す──。科学ジャーナルはいつ誕生し、いかにしてその地位を確立したのか。科学者はなぜ論文を投稿するようになったのか。19世紀イギリス・フランスの学協会やメディアを中心に、商業化、オープン化、査読、不正など現代の学術ジャーナルにも通ずる課題の根源を解き明かす。
目次
序 章 「ばらばらの事実の破片」

第1章 雑誌とアカデミーの判定
     オルデンバーグの計画の誕生と衰退
     梗概と書簡
     オーサーシップと毎月あらわれる貧しき熱狂者
     転載、およびその他のきわめて不適切な行為

第2章 公開会合
     会議録の誕生
     代表の政治学 —— 自由主義の新聞・雑誌と科学アカデミー
     ジャーナリスト対報告者
     祭壇に対抗して祭壇を作る

第3章 著者と査読者
     オーサーシップと区分
     判定方法の試行錯誤
     読書する公衆と公的な読者
     公的な権威から匿名の査読者へ

第4章 発見、出版、知的財産
     日付を特定するために
     科学史の書き方
     開かれた科学の地政学

第5章 科学論文とはなにか
     19世紀中盤の逐次刊行
     印刷、名称、自然誌
     科学論文と境界

第6章 19世紀末のアクセスの空想
     科学の脱中央集権化
     科学の定期刊行物の機構
     世界システム

終 章 インパクトのある話

 謝 辞
 解説(伊藤憲二)
 訳者あとがき
 注
 略語一覧
 図版一覧
 索 引
著者略歴
アレックス・シザール(アレックス シザール arekkusu shizaaru)
Alex Csiszar ハーヴァード大学科学史科教授。本書が初の単著。現在は、次著Rank and File: From the Literature Search to Algorithmic Judgment(予定)を鋭意執筆中。
柴田 和宏(シバタ カズヒロ shibata kazuhiro)
岐阜大学地域科学部准教授。2014年、東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。主要論文に、"Spirits and the Prolongation of Life in Francis Bacon: Commonality and Difference between the Inanimate and the Animate," Early Science and Medicine 28(2023): 218-238など。訳書に、シェイピン&シャッファー『リヴァイアサンと空気ポンプ』(共訳、名古屋大学出版会、2016年)、『原典 ルネサンス自然学』上巻(共訳、同会、2017年)などがある。
伊藤 憲二(イトウ ケンジ itou kenji)
京都大学大学院文学研究科准教授。2002年、ハーヴァード大学大学院にてPh.D.(科学史)を取得。著訳書に、『励起──仁科芳雄と日本の現代物理学』(みすず書房、2023年)、キャシディ『不確定性──ハイゼンベルクの科学と生涯』(共訳、白揚社、1998年)などがある。
タイトルヨミ
カナ:カガクジャーナルノセイリツ
ローマ字:kagakujaanarunoseiritsu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
一番やさしい俳句再入門
実は俳句の本をけっこう出しています

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。