近刊検索 デルタ

2020年3月6日発売

澪標

ホモサピエンス詩集 四元康祐翻訳集現代詩篇

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
南はブラジル、アルゼンチンから、北はアイルランド、リトアニアまで22ヶ国32人の詩人。いずれも詩祭などで著者が直接会ったことのある詩人たちである。人類という種の知性の核心に詩的想像力があることを示す、世界の詩の最前線。
著者略歴
四元 康祐(ヨツモト ヤスヒロ yotsumoto yasuhiro)
1959年大阪府生まれ。82年上智大学文学部英文学科卒業。86年アメリカに移住。90年ペンシルベニア大学経営学修士号取得。91年第一詩集『笑うバグ』を刊行。94年ドイツ移住。 『世界中年会議』で第3回山本健吉賞・第5回駿河・梅花文学賞、 『噤みの午後』で第11回萩原朔太郎賞、 『日本語の虜囚』で第4回鮎川信夫賞を受賞。 他の著作に、詩集『嬬の右舷』『言語ジャック』『現代ニッポン詩(うた)日記』、評論『詩人たちよ!』『偽詩人の世にも奇妙な栄光』『前立腺歌日記』など。 ミュンヘンを拠点に世界各地の詩祭に参加している。
タイトルヨミ
カナ:ホモサピエンスシシュウ ヨツモトヤスヒロホンヤクシュウゲンダイシヘン
ローマ字:homosapiensushishuu yotsumotoyasuhirohonyakushuugendaishihen

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
共栄書房:宮田一郎 
日本実業出版社:谷厚志 
KADOKAWA:堂場瞬一 
KADOKAWA:横関俊材 
新潮社:パトリック・スヴェンソン 大沢章子 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。