近刊検索 デルタ

2020年11月28日発売

ボーンデジタル

映像制作のためのVFX教科書

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
エミー賞受賞 VFXスーパーバイザーによる 映像制作・視覚効果の導きの書

『映像制作のためのVFX教科書』は、映画やテレビ業界で働く映像のプロ向けに執筆された視覚効果の実用的で詳細なガイドです。現代の映画制作やテレビ制作では、視覚効果がさまざまなジャンルやフォーマットで幅広く使用されており、ビジュアル ストーリーテリング、制作上の制約、予算の削減に貢献しています。しかし、多くの監督・プロデューサー・エディター・撮影監督は、視覚効果をメディア制作の一側面としてよく誤解しています。

本書では、数々の賞を受賞したVFXスーパーバイザーでありインストラクターでもある Eran Dinur氏 が、プリプロダクションからポストプロダクションに至るまで、VFXの構想・デザイン・予算、企画・撮影・レビューまでを網羅し、現場の視点から視覚効果を紹介します。

【内容】
•エディター、撮影監督、監督、プロデューサー、ガッファー(照明技師)などの映画制作者が、プリプロダクション、オンセット、ポストプロダクションでVFXチームとより効率的に仕事をし、視覚効果でストーリーをサポートし、制作コストを削減し、ロケ地での問題を解決するのに必要なことを学びます。

•3D/2D/2.5Dのワークフロー、そしてマッチムーブから合成に至るまでさまざまな VFX技術・フォトリアリズム・視差・ロト・抽出などの重要な概念を理解し、最も一般的な VFXの種類と映画制作における役割に精通し、VFXショットのコストと複雑さを効果的に計画する方法を学びます。

•業界のプロの経験に基づいた図解の多い実例で視覚効果のコンセプトを紹介し、自分のプロジェクトに統合する方法を紹介します。
目次
Part1 VFXの基礎
Chapter 1 コアコンセプト
Chapter 2 映画制作ツールとしてのVFX
Chapter 3 2Dから3Dへ
Chapter 4 分離

Part2 VFXの技術
Chapter 5 VFXのワークフロー
Chapter 6 ワークフローのケーススタディ

Part3 プロダクションにおけるVFX
Chapter 7 プリプロダクション
Chapter 8 オンセット
Chapter 9 ポストプロダクション
Chapter 10 未来
著者略歴
Eran Dinur(エラン デ ヌール eran de nuuru)
Eran Dinur(エラン・デ・ヌール)は 、エミー賞やVESアワードを受賞したVFXスーパーバイザー/アーティスト/インストラクターです。 ILMシンガポールでの仕事には『アイアンマン』『スタートレック』『トランスフォーマー リベンジ』『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』『ターミネーター4』などの映画があります。 2011年以降はニューヨークに拠点を置く Brainstorm Digital社の VFXスーパーバイザーとして、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』『ロスト・シティZ 失われた黄金都市』『カフェソサエティ』『NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』『人生、サイコー!』『デンジャラス・バディ』『伝説の企業家 ~アメリカをつくった男たち~』『エヴァの告白』など数多くの映画やテレビのプロジェクトに携わってきました。
タイトルヨミ
カナ:エイゾウセイサクノタメノブイエフエックスキョウカショ
ローマ字:eizouseisakunotamenobuiefuekkusukyoukasho

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ボーンデジタルの既刊から
ジェイソン・グレゴリー/著 今給黎隆/監修 湊和久/監修
グスタボ・メルカード/著
もうすぐ発売(1週間以内)
近刊:ランダム

>> もっと見る

新着:ランダム(5日以内)

>> もっと見る


連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。